製麺機販売から麺店の開業支援・経営まで完全サポートする大和製作所
YAMATO大和製作所 人生の成功ストーリー販売会社

商圏分析

お問い合わせは無料通話 資料請求もこちら  携帯電話・PHS可 受付8:30~17:30(	日・祝除く)
お探しの資料が見つからない方へ クリック

ユーザーの声

克本店 様【山口県】 卒業生

レジの無いお店

今回、取材をさせていただいたのは
山口県でうどん店「克 本店」を経営されている田中様ご夫妻です。





どういったことがきっかけで大和製作所とのお付き合いが始まりましたか?

【ご主人】
私は、定年退職をしてうどん店をやろうとしておりました。
以前、「46億年」という、うどん用のお塩の無料サンプルを依頼したことがあったのです。


しばらくして、1通のダイレクトメールが届きました。
その内容は「香川の本社で開催される、開業者向けセミナー」のイベント通知でした。
参加が無料でしたので、特に大きな期待もせずご訪問させていただきました。
無料じゃなかったら行っていなかったと思います。

事前に調べていましたが、大和さんは製麺機のメーカーですよね。
そうしたら、開業の話といいつつも、製麺機の話があってしかるべきですよね。
普通は皆さんそう思います。

でも、製麺機の話しはどこにもなく、
本当に素人でも開業に向けての準備や、ノウハウを聞かせていただきました。
おまけに個別相談までしていただき藤井社長の話を聞きました。
その内容全てが首を縦に振らざるを得ない、納得の内容だったのです。

【奥様】
大和さんのつくった麺を試食させていただき
機械とはいえ、本当に麺が美味しいと思いました。
お父さんが手打ちした麺と変わらない・・その時の衝撃は未だにわすれません。


【ご主人】
正直悔しかったです。
藤井社長は機械にできないわけはない、と執念をもやして機械の開発に取り組んだはずです、
逆に、私も手打ちが機械にまけるはずがない、と技術を磨いてきました。

しかし、亀城庵の美味しいうどんを食べたとき、
一番大事なのは、成功とはお客様が美味しいと言ってくれる・・麺の美味しさできまってくるという考えに納得したのです。
結果、仕込みの為のミキサーを大和さんで購入し、今も大切に使っています。
そしてイベント当日、その場でうどん学校にも申込しました。



今までうどんの学校があることをご存知でしたか?

【ご主人】
全然知らなかったです。ここまでレベルが高いことを素人にでも解りやすく
きっちり教えてくれるところは無いのではないでしょうか。

うどん学校では、特にダシのかえしのノウハウを知れたこと、これは本当によかったです。
この知識がなければ、今の私達の理想のうどんは完成しなかったと思います。
デジタルクッキングという考え方も素晴らしいです。
私はうどん店を経営していますが、しばらくして、そば学校にも入学させていただきました。
そば学校で学ばさせていただいたことも、本当に役に立っています。



一番人気のメニューは何ですか?

【ご主人】
亀城庵のメニューを参考にさせていただいた
「えび餅ぶっかけ」です。本当に美味しいといっていただけます。
今日もわざわざ、味がぶれていないか、確認の為に本家本元の香川県坂出駅に3時間かけて食べに来たのです。

【奥様】
そうしたら偶然にも、坂出駅を出たところで、大和学校の講師さんの方々にばったり。
そして偶然、香川本社に藤井社長がいらっしゃるとのこと・・アポイントもなくご挨拶に応じていただき
本当に今日は幸せです。


お店の特徴は何ですか?

【ご主人】
お店が手作りということです。何でもかんでも、厨房機以外は全て基礎から私がつくりあげました。
実は、藤井社長の話を聞いて帰った翌日、直線だったカウンターをL字にしようと、
2週間かけてつくったカウンターの基礎を一気に破壊しました。
ダメだということに気付かせていただき、カウンターをうちつける前で本当に良かったです。

全て手作りをしたいんです。うどんの容器も手作りなんです。

そして最大の特徴は「ざるレジ」です。
私達のお店にはレジがありません。代わりに、ざるを置いています。
つまり、お客様を信頼し、そこにお金を入れていただくだけのシステムにしています。


【奥様】
お客様が食べ終わったら、料金を支払い、お釣りもそのざるから取っていただきます。
ある日、1日の売上計算をしていた時、50円だけ足りませんでした。
まぁ・・ざるだから仕方ないか・・とその時は思ってざるを片付けていると
後ろに50円玉が転がっていました。

その時は、ざるに向かって頭を下げて、心からお客様に対して【疑ってごめんなさい】と反省しました。

経営開始から、今まで一円も違ったことは無いんです。

店の隅に置いているのですが、忙しい時はお客様が別のお客様の会計に
ざるを運んで頂いたり・・本当に和気藹々としていて、楽しいです。

最近、ざるにお金を入れてくれたとき、「ありがとう」とおっしゃっていただくお客様が増えています。
ありがとうございました」は私達お店側がお伝えしなければならない台詞なのに、
うどんも含めて、良い時間に対してお礼を言ってくれているのでしょうか、本当にありがたいです。

これも藤井社長のお話がきっかけでざるレジを始めてみました。
このような試みも珍しいと話題になっているのも確かです。




大和に頼って一番よかったと思えたことは何ですか?

【ご主人】
1番は経営ノウハウです。これを教えていただかなければ、今の私達は無いかもしれません。
そしてうどん学校、そば学校の学習内容、出汁の知識も必須でしょう。

もちろん仕込みに使用させていただいているミキサーの能力も素晴らしいです。
こんなに、麺質が良く、しかも楽に「捏ね」の工程をスムーズに行えますから。



【奥様】
全て大和さんが教えてくれた通りに行ってきたんです。気付けば、本当に毎日が幸せで、自然に笑顔もでます。
開業して1年半、売上も上昇し続けています。

この年になって夢が持てるなんて思わなかったです。
考え方を変えさせられた、あの藤井社長のお話の時間は本当に大切でしたよ。




お店に来ていただいたお客様にはどのようなお気持ちで接していますか?

【ご主人】
昨年の5月に全国ワイドの番組への出演依頼、
今年の2月に地元のテレビからの出演依頼があり、どちらも即断でお断りしました。
私達のお店では、新規のお客様が半分、
リピート来店していただている常連様が半分というお客様の比率です。
このバランスは私は黄金比率だと思っております。
地域社会で長く愛される店になるためには、それを崩したくありませんでした。
大きなメディアで紹介された時、新しいお客様の割合がきっと多くなります。
多くなれば、いつも来ていただいている常連のお客様全
員のご期待にお答えできないかもしれません。

【奥様】
町内の高齢者に配られたタクシー券を使って、毎月、お友達を連れてきてくれるおばあちゃん。
お店の中が一杯で忙しそうなら、「私達はいつでもこれるから・・」と
遠くからきたお客様を優先して入店を遠慮してくれる地元の方。

ざるレジのお金が1円たりともずれないお客様との信頼関係、これは
守り続けていかなければと思いました。




定年後に異業種から独立される開業者様にアドバイスを御願いします。

【ご主人】
開業を甘く見ないほうが良い、ということです。
本当に大変です。家族全員の人生がかかっているのならなおさらです。
1つでも不安なことがあれば、大和の麺学校や経営講義に行ってみてください。
きっと、その不安が解消されます。

私達も、今の状況がずっと続くわけは無いという気持ちで今日こうして
香川県の亀城庵に食べにきました。

【奥様】
日々、研究をして進化していくこと、いつも藤井社長がおっしゃってますよね。
その気持ちがなければ、なかなか成功しないと思います。

私達は大和製作所のノウハウ、藤井社長の経営学、をそっくりそのままやらさせて頂きました。

それが今の幸せな人生に繋がっています。有難う御座いました。


 
担当アドバイザー 山下 由美子 エリア 中国地方
都道府県 山口県 麺種 うどん
オープンタイプ 新規開業 導入機械

店舗情報

本格手打うどん
克(かつ) 本店

TEL/FAX 0820-52-3867
〒742-1501
山口県熊毛郡田布施町大波野282

営業時間 11:30~14:00 玉切れで終了

定休日 月・火
ページトップ