中華蕎麦 ひら井
東京
中華蕎麦 ひら井

東京都府中市栄町2丁目11−7

麺の種類ラーメン
新規開業ラーメン製麺機(リッチメン)ユーザー単体機ユーザー

中華蕎麦 ひら井

店主:上野竜一さん

中華蕎麦ひら井 上野竜一

2014年 大和製作所に営業として入社。愛知県の拠点「ドリームスタジオ名古屋」を中心に、ラーメン店、うどん店、そば店など、飲食店の課題解決に取り組む。2019年に大和製作所を卒業後、2021年 に東京都内で「中華蕎麦 ひら井」をオープン。連日行列ができる人気ラーメン店のオーナーとして活動中。

- 大和製作所の社員時代

- 大和製作所に入社した理由を教えてください

大学時代にラーメン二郎でアルバイトで働いてました。ラーメン屋になりたかったので、そのために幅広く勉強できると思い、大和製作所を選びました。好きなことを仕事にしたかったので、ラーメン以外の仕事をすることは考えませんでした。ラーメン学校もあり、麺について勉強したかったのとラーメン屋に就職してもそこの味しか学べないと思いました。入社して勉強になり、好きなことばかりで天職だと思いました。

- 大和製作所時代の仕事のやりがいはありましたか

お客さまがお店をオープンして繁盛店になったときに、特にやりがいを感じました。製麺で困ったお客さまからの相談に乗り、解決できたときにやりがいを感じました。特に印象に残っているのは金曜日の夕方に新潟のラーメン屋さんから製麺機が動かなくなったと連絡があり、深夜の12時くらいにお店に出向き修理を行って、一緒に製麺したことです。大和製作所では、お客さんだけでなく業界全体の発展まで考え、お客さんの問題解決を本気になってしようとしているように感じていました。

- 大和製作所に入社して、変わったことはありますか

入社前はただラーメン屋をやりたいというだけの考えでしたが、どのようなラーメンをやりたいのか、何のためにやりたいのか考えるようになり、ラーメンの味よりも人間的に応援される人にならなければいけないと思うようになり、ラーメン屋で働いているときはそのことを意識していました。

- 卒業するタイミングは、決めていたのですか
仕事で麺のことは勉強できたので、麺以外のスープやタレ、チャーシューなど、1週間に1回は必ず家で試作するように心がけて経験値を積むようにしてました。あとは開業に必要な資金も1年間に100万円貯めることを目標にして貯金していました。実際に自分がお店をやるために何が必要なのかわからないこともあったので少し不安がありましたが、2020年に丁度30歳で開業することを目標にしていたので、その1年前に卒業しようと考えていました。
大和製作所時代:製麺をしながらお客様とよく話していた
大和製作所時代:話はいつもお客様の目を見ながら。

- 大和製作所卒業…そして開業へ

- お店が開業するために何をしましたか
大学時代にアルバイトしていたラーメン二郎でまた働き始め、掛け持ちで他のラーメン屋さんでも何軒かアルバイトをしていました。仕事の合間に物件を探してました。すぐに物件が見つかると思っていましたが、なかなか理想の物件が見つからず今の店が見つかるまで2年かかりました。お店は駅からは遠いですが、家賃が安く内装が綺麗で居抜きで利用できたこと、製麺室が作れそうだったこと、当初から探していた多摩地区のエリアだったことが決め手で選びました。
- 店舗のコンセプトやこだわりを教えてください
他店の真似ではなく、自分だけのラーメンを作ることを意識しています。魚介不使用・動物系100%の濃厚つけ蕎麦と中華蕎麦です。つけ蕎麦は極太、中華蕎麦は対照的に細ストレートで全く異なる印象にしています。限定メニューもありますが、基本はレギュラーメニューのブラッシュアップを心がけて日々美味しくなるよう、調整しています。「おいしい」より「うまい!」「すごい!」と言ってもらえるよう、お客様の記憶に残る商品を目指してます。
- ほかにこだわっているところは

店内はカウンター席がメインでテーブル席は1つだけです。テーブル席にも厨房からラーメンを提供できるようにしています。全てのお客様の顔を見ながら調理できるので理想的な内装だと思います。外装は看板は店の顔なのでお金をかけました。一緒に働く従業員は人間性、性格の良さでスタッフを選んでいます。

- 製麵機を導入した理由を教えてください

麺のレシピは大和製作所に在職しているときからある程度方向性は決まっていましたが、自分で麺も作るのが当たり前だと思っているからです。ラーメンを作るための自家製麺なので、メリットしかありません。あとは手間をかけることが大事だと思います。

- 店主 上野さんの今後の夢

入社当時の自分が今の自分を見たら、うまく行き過ぎて驚くと思います。独立志望の従業員もいるので、失敗しないよう経験を積ませながら自分自身も成長していきたいです。大和製作所での経験がなければ今のお店の成功は無いので、感謝しきれません。これから恩返しができるよう継続しながら店を繁盛させ、ラーメンの力で日本を元気にできるようにしたいです。やりたいラーメンが他にもあるので人を育てられたら2店舗目もやりたいです。お店を繁盛させることが大和製作所にとっての1番の恩返しになると思うので、これからも頑張ります。

中華蕎麦 ひら井
東京
中華蕎麦 ひら井

東京都府中市栄町2丁目11−7

麺の種類ラーメン
新規開業ラーメン製麺機(リッチメン)ユーザー単体機ユーザー