麺学校

当社の事例では、飲食経験者よりもそうでない方の麺学校卒業生の成功率が高いです。心配せずに必要な準備を全て行ない、「自分は絶対に成功する」と信じることです。

大和麺学校であればテキストも充実しており、経営に関する内容も整っています。麺店としての技術や経営に関して受講いただければ1週間でプロを育成する内容となっていますのでご検討ください。また、開業までも開業後もあらゆる相談に応じています。

当社のラーメン学校では、レシピを数値化したデジタルクッキングで指導しているので、世界中どこから参加されても、複雑なスープのレシピも誰にでも完全にマスターできます。
また、開業などに必要な経営に関する指導も受けられますので、麺学校の参加をお勧めします。

当社のラーメン学校では、化学調味料を一切使用しない、無化調で美味しいスープしか教えていません。ビーガン向けのラーメン、メニューも、その地方に合った食材を使って指導しています。

当社の学校では「呼び戻し」は教えていません。

スープの品質がブレて安定しない原因は、たくさんあります。当社のラーメン学校に参加すれば、どこでブレているのか、理解できるようになるはずです。

当社のラーメン学校に参加いただければ、決まりきったスープを教えるのではなく、参加者の皆さんの希望するスープを何でも教えます。最近の事例では、ホワイトアスパラガスのスープ、赤パプリカ、リンゴ、アボカド、バナナとココナッツミルクのスープなど、動物系食材を一切使用しないビーガンスープから、生魚の鯛、サバ、貝類などのスープなどの個性的なスープの希望を実現してきました。これらのスープは全て無化調で実現できるので、美味しいスープの数値化されたレシピを持ち帰ることができます。

グルテンフリーの麺作りは、グルテンが含まれていないため、製麺段階ではうまく麺生地になりにくいことが難点です。当社の食品研究室では、グルテンフリーの麺が美味しく、かつ作りやすくなる製法と材料を作り上げていますので、麺学校に参加いただくことで、この製法もマスターすることができます。

経営・開業

麺学校の講義では事業計画などに関して簡易版ですが取り組む機会があります。いずれにしても事業計画書を作らずには、どんなビジネスでも始めることはできません。これは必須ですので乗り越えていく必要があります。

経営には数字が必須ですので、もし、自分がどうしてダメであればビジネスパートナーに数字に強い人を選ぶことです。

万全な準備ができるまで、絶対に会社を辞めないことをお勧めします。開業だけが人生でないので、場合によっては会社を辞めない選択肢も残しておくべきです。

まず学び続ける姿勢が必要です。今の時代は過去とは大きく異なり、物事が非常に複雑になり、ビジネスでも簡単に成功しない時代になってきています、ビジネスの本質を理解して絶対に負け戦に突入しないことです。多くの人がビジネスの本質を理解せずに負け戦に突入し、失敗しています。麺店を志すのであれば、現在の時代背景を理解してこれからの時代に即したビジネスで厳しい時も絶対に諦めず、同時にライバルの真似は絶対にせず、常にライバルとは競争しないこと、小さい市場で大きな存在になること、お客さまにフォーカスし続けることが大切です。先に儲けを追求するのではなく、お客さまにとって良いことばかりを実践していると、儲けは後からついてくるのです。

先に儲けを追求して食材費をケチったり、人件費をケチったりすると、お客さまからの支持が得られずお客さまの数が増えないのです。ビジネスの本質はお客さまの数を増やすことで、お客さまが増えなければ結果として、利益が得られないのです。まずは、儲けを先に追求するのではなく、お客さまの数を増やすことを追求するのです。