麺学校

当社の事例では、飲食経験者よりもそうでない方の麺学校卒業生の成功率が高いです。心配せずに必要な準備を全て行ない、「自分は絶対に成功する」と信じることです。

Load More

大和麺学校であればテキストも充実しており、経営に関する内容も整っています。麺店としての技術や経営に関して受講いただければ1週間でプロを育成する内容となっていますのでご検討ください。また、開業までも開業後もあらゆる相談に応じています。

Load More

当社のラーメン学校では、レシピを数値化したデジタルクッキングで指導しているので、世界中どこから参加されても、複雑なスープのレシピも誰にでも完全にマスターできます。
また、開業などに必要な経営に関する指導も受けられますので、麺学校の参加をお勧めします。

Load More

当社のラーメン学校では、化学調味料を一切使用しない、無化調で美味しいスープしか教えていません。ビーガン向けのラーメン、メニューも、その地方に合った食材を使って指導しています。

Load More

当社の学校では「呼び戻し」は教えていません。

Load More

スープの品質がブレて安定しない原因は、たくさんあります。当社のラーメン学校に参加すれば、どこでブレているのか、理解できるようになるはずです。

Load More

当社のラーメン学校に参加いただければ、決まりきったスープを教えるのではなく、参加者の皆さんの希望するスープを何でも教えます。最近の事例では、ホワイトアスパラガスのスープ、赤パプリカ、リンゴ、アボカド、バナナとココナッツミルクのスープなど、動物系食材を一切使用しないビーガンスープから、生魚の鯛、サバ、貝類などのスープなどの個性的なスープの希望を実現してきました。これらのスープは全て無化調で実現できるので、美味しいスープの数値化されたレシピを持ち帰ることができます。

Load More

グルテンフリーの麺作りは、グルテンが含まれていないため、製麺段階ではうまく麺生地になりにくいことが難点です。当社の食品研究室では、グルテンフリーの麺が美味しく、かつ作りやすくなる製法と材料を作り上げていますので、麺学校に参加いただくことで、この製法もマスターすることができます。

Load More

経営・開業

麺学校の講義では事業計画などに関して簡易版ですが取り組む機会があります。いずれにしても事業計画書を作らずには、どんなビジネスでも始めることはできません。これは必須ですので乗り越えていく必要があります。

Load More

経営には数字が必須ですので、もし、自分がどうしてダメであればビジネスパートナーに数字に強い人を選ぶことです。

Load More

万全な準備ができるまで、絶対に会社を辞めないことをお勧めします。開業だけが人生でないので、場合によっては会社を辞めない選択肢も残しておくべきです。

Load More

まず学び続ける姿勢が必要です。今の時代は過去とは大きく異なり、物事が非常に複雑になり、ビジネスでも簡単に成功しない時代になってきています、ビジネスの本質を理解して絶対に負け戦に突入しないことです。多くの人がビジネスの本質を理解せずに負け戦に突入し、失敗しています。麺店を志すのであれば、現在の時代背景を理解してこれからの時代に即したビジネスで厳しい時も絶対に諦めず、同時にライバルの真似は絶対にせず、常にライバルとは競争しないこと、小さい市場で大きな存在になること、お客さまにフォーカスし続けることが大切です。先に儲けを追求するのではなく、お客さまにとって良いことばかりを実践していると、儲けは後からついてくるのです。

Load More

先に儲けを追求して食材費をケチったり、人件費をケチったりすると、お客さまからの支持が得られずお客さまの数が増えないのです。ビジネスの本質はお客さまの数を増やすことで、お客さまが増えなければ結果として、利益が得られないのです。まずは、儲けを先に追求するのではなく、お客さまの数を増やすことを追求するのです。

Load More

まず最初に、従業員の満足度を高め続けることです。満足度の高まった従業員は、お客さまの満足度を高めてくれます。これらをビジネスの本質から言えば、「価値観を明確にし、使命を明確にして、店舗のコンセプトを明確にすること」です。
そして、従業員を選ぶ時には誰でも選ぶのではなく、価値観の共有できる従業員しか採用しないことです。多くの組織では従業員採用にあたり、妥協して採用し、採用してから教育で修正しようとしていますが、教育で変われる人は非常に少ないのです。従って、採用で妥協しないことが、最も大切なことなのです。

Load More

従業員の育成教育より、もっと大切なことは「誰でも採用しないこと」で、絶対に妥協せずに価値観を共有できる従業員しか採用しないことです。
採用後の教育で何とかしようとしても、教育で変われる人は非常に少ないのです。教育で変えられるのはスキルだけで、スキルは採用してから幾らでも変えることができます。

Load More

まず、従業員を大切にして満足度とロイヤルテイを高め、更にそのお店のことを大好きな従業員が長く勤務し続けること、その従業員がお客さまを大切にして良いサービスを提供し、熱烈なファン客をたくさん作ることです。

Load More

やろうと思わないからです。ラーメン店を開くには、ラーメン店ビジネスに強い情熱が必要であり、ラーメン店を開業するよりも、製麺機の開発とか、麺学校での指導に強い情熱を持っているためです。

Load More

保健所での衛生管理士の講習を受け資格を得ることが必要です。あと店舗については、保健所の検査と消防署の検査をパスすることです。調理師免許などは必要ありません。

Load More

立地・商圏

私も田舎に住んでいますが、夜の食事で一番困るのは、お客さまを案内できる店がないことです。これは全国の地方都市ではどこでも言えることではないかと思います。そのような需要は50代以上のある程度ゆとりのある夫婦にとっても同じで、行きたい店がないことが一番の問題です。また、田舎の場合は競争が少ないというメリットがあります。当社の統計でも田舎の方が閉店率が比較的低いです。店をやっている人も競争が少なく、儲かっている事例が多いのです。要するに小さい池で一番大きい魚になることで十分成功できるチャンスがあると思います。
当社では立地診断・商圏分析のサービスがありますので、候補地についてはそちらのサービスを使って調査分析することをお勧めします。

Load More

もちろん関係があります。場所によってどのような人口が集中しているか、男女の比率、年齢層、昼と夜の人口、地形の特色など基本的な場所の特徴だけでもさまざまな要素があります。大切なことは、その場所の特色に合ったものを提供していくということです。
当社では、立地を人口、性別、飲食店の競争率などで分析する「商圏分析」というサービスを行っていますので、この分析を行うことでさまざまなことが見えてきますので活用をお勧めします。

Load More

場所が良い、悪い、と思われる根拠は何でしょうか?不動産屋さんがお勧めするからでしょうか?麺店の経営と将来成功するかどうかは、店舗の完成で概ね決定してしまいます。間違った判断によって時間とお金をロスしないよう、物件の立地や商圏分析を活用されることをお勧めします。

Load More

店内レイアウト

無駄のないレイアウトは非常に優れたレイアウトですが、利益を上げて多店舗展開に成功している店舗のレイアウトには、優れたレイアウトが多いです。色々な店内レイアウト見てまわり、自分の目を肥やしていくことと、無駄な動きが少なく、お客さまにとって楽しいレイアウトを自分の頭に汗をかいて考えることです。
当社では、利益を出すために必要なレイアウトだけなく重要なポイントについてさまざまなアドバイスを行っていますので、ご相談に応じます。

Load More

まず、一般的にうどん店は昼は強いのですが、夜は弱いのが現状です。夜もお客さまを呼ぼうとすると、お客さまが夜に長居できるメニューと雰囲気が重要になります。以前の居酒屋は大箱で、客同士が賑やかに並んで食事をするレイアウトが多かったのですが、最近の居酒屋は個室タイプが多くなっています。従って、難しいのは昼夜の共用で、昼はある程度解放感のあるレイアウト、夜は間仕切りができるレイアウトで、カーテンやロールブラインドなどで、不自然でない間仕切りを付けるのが良いと思います。
それ以上に重要なことはメニューで、夜は昼の2~5倍の客単価で、長居のできるメニューと雰囲気が重要です。

Load More

天ぷらメニューがあると、天ぷらを揚げるだけでも最低1人は余分に人手が必要になるため、採算を合わせるためには最低18席は必要になります。ですので、うどん・そば店の一番小さい席数は18席が最も効率が良いのです。しかし、これはフルサービスの場合だけで、セルフサービスの郊外店では80席必要になります。また、9席の効率が良いのは都心型のラーメン店だけです。

Load More

スープ

当社の学校では「呼び戻し」は教えていません。

Load More

麺の断面の四隅の角がシャープに立ち、四辺が凹んでいればいるほど、出汁が絡みやすく、また、麺の食感も最高となります。

Load More

スープの品質がブレて安定しない原因は、たくさんあります。当社のラーメン学校に参加すれば、どこでブレているのか、理解できるようになるはずです。

Load More

メニュー

当社のラーメン学校では、化学調味料を一切使用しない、無化調で美味しいスープしか教えていません。ビーガン向けのラーメン、メニューも、その地方に合った食材を使って指導しています。

Load More

商品のインパクトは絶対に必要です。しかし、一押しメニューができたとしても、同じ商品を食べ続けていると、例え同じ品質で提供していても、お客さまからは「品質が落ちた」とか「前より美味しくない」という意見が絶対出てきますので、状況に満足せず常に進化させ続け、商品力を高め続けていくことが必要です。
当社の麺学校であれば、メニュー開発のために参加される店主の方も多いですので、お勧めです。

Load More

よほど商品力が高くなければ難しいでしょう。それに、そこまでの商品力に仕上げるには時間もかかります。しかし、メニューが多ければ良いというものではなく、絞ったメニュー構成にして、その中で看板メニューを持つことが重要です。
当社の麺学校であれば、メニュー開発のために参加される店主の方も多いですので、お勧めです。

Load More

スープの品質がブレて安定しない原因は、たくさんあります。当社のラーメン学校に参加すれば、どこでブレているのか、理解できるようになるはずです。

Load More

当社のラーメン学校に参加いただければ、決まりきったスープを教えるのではなく、参加者の皆さんの希望するスープを何でも教えます。最近の事例では、ホワイトアスパラガスのスープ、赤パプリカ、リンゴ、アボカド、バナナとココナッツミルクのスープなど、動物系食材を一切使用しないビーガンスープから、生魚の鯛、サバ、貝類などのスープなどの個性的なスープの希望を実現してきました。これらのスープは全て無化調で実現できるので、美味しいスープの数値化されたレシピを持ち帰ることができます。

Load More

グルテンフリーの麺作りは、グルテンが含まれていないため、製麺段階ではうまく麺生地になりにくいことが難点です。当社の食品研究室では、グルテンフリーの麺が美味しく、かつ作りやすくなる製法と材料を作り上げていますので、麺学校に参加いただくことで、この製法もマスターすることができます。

Load More

市場・マーケティング

これからの世界を考えると、低価格でクオリテイの高いラーメンは不可能です。ある程度の高い価格でのクオリテイの高いラーメンをお勧めします。
日本の食事は世界水準からみると安すぎる水準にあり、飲食業界は儲からない業界になっていることで給料が安く、優秀な人が来ない業界になっているのが問題です。
ですので、ある程度の高価格できちんと利益を出せる経営をお勧めします。

Load More

世界中の先進国では高齢化が進んでいますが、高齢化が進むほど食べやすい食べ物が好まれます。その点でも麺はパンと比べて食べやすく、咀嚼能力の落ちた高齢者にも優しい食べ物であるといえます。また、欧州では動物愛護運動からビーガン(ヴィーガン)が広まっていることもあり麺という穀物食の需要は高まると考えられます。
なお世界中の爆発的に増加する人口を支えるには、肉の多食では無理があり、どうしても栽培が簡単でより多くの人口を支えることのできる穀物食の必要性は更に高まると考えられます。

Load More

製麺

麺の断面の四隅の角がシャープに立ち、四辺が凹んでいればいるほど、出汁が絡みやすく、また、麺の食感も最高となります。

Load More

グルテンフリーの麺作りは、グルテンが含まれていないため、製麺段階ではうまく麺生地になりにくいことが難点です。当社の食品研究室では、グルテンフリーの麺が美味しく、かつ作りやすくなる製法と材料を作り上げていますので、麺学校に参加いただくことで、この製法もマスターすることができます。

Load More

製麺代行

現在は日本全体で大変な人手不足ですので、お悩みはあると思います。
当社では、効率のよい製麺機もありますし、こだわりの自家製麺を代行するサービスも行っていますので、いくつかの解決策がご提案できると思います。是非、ご相談ください。

Load More