ヱビス.カンパニー.
三重
ゑびすや

〒513-8686 三重県鈴鹿市算所2-5-1

甚八

〒519-0101 三重県亀山市井田川町谷山660-2

麺の匠

〒513-0834 三重県鈴鹿市庄野羽山4-1-2

権兵

三重県鈴鹿市西条町字東澤430-1

麺の種類うどん
既存店うどん製麺機(真打)ユーザーうどん学校卒業生

ヱビス.カンパニー.

「うどん事業を通じて、世の中の役に立ちたい。」

うどん店を創業されたお父様の意思を継ぎ、熱い想いでうどん事業を成長させる森下社長にエビス.カンパニー様の強みについて伺いました。
現在、うどん店を三重県内で4店舗展開されていますが、店舗作り、運営で、最もこだわることは、店づくり、商品の品質、サービスの全てにおいて、ワンランク上を目指すこと。「飲食をする場所」という概念を超えて、うどん店事業をもっと大きな枠で捉えることで、スタッフを育て、店舗を交流の場、本物のうどんを伝える場として、提供されています。

商品力はもちろん、人材育成に注力

「麺は、大和製作所からご指導頂いたレシピをかたくなに守り続けています。だしは、先代の味を基本にし、昆布、混合削り(メジカ、サバ、ウルメ)を使用し、セントラルキッチンでだしの専門スタッフが集中して作っています。」 【安定した品質で美味しい麺とだしを常に提供出来ること】への強いこだわりが伺えました。

麺とだしに美味しさと安定した品質を生み出すCKでの仕込み

成功の秘訣は何ですか?と質問すると、控え目な森下社長は、「まだ成功はしていませんが、やはり【世のため、人のため】という軸を考え方の基本として持つことだと思います。」と仰っていただきました。森下社長率いるエビス.カンパニー様の今後の目標は、2011年までの3年計画で、今ある4店舗の土台作りを確実なものにすること。この3年間は、この4店舗を強いお店にするために、人材教育、サービスなどを強化。

特にエビス.カンパニー様の想いを全社で共有出来、それを各店舗で表現出来るまでに向上させたいという森下様は、「ハードは資金さえあれば次々できますが、【何のため】という理念の共感には時間がかかると思いますね。店を増やす時は、そこを理解した「人」ができてからだと考えます。」やはりじっくり「人」を育てる時間が必要ですね。」

世の中を幸せに導く「人の力」を伸ばす

そのエビス.カンパニー様の「人」ですが、HPを拝見すると、スタッフの皆様が活き活きとした表情で写真に写っていたり、従業員を募集されるところでも「パートナー」募集と表現したり、とても楽しそうな雰囲気が伝わってきます。非常に働く方々のことを大切にされていると思うのですが、人を育てるという部分でも、「世のため、人のため」「お客様の幸せ」「社員の幸せ」という考えが基になっていることが伺えます。

「教育は社会貢献だと考えます。世の中を幸せに導くのは「人」の力だと思います。会社にどんなに良い理念があっても、働くパートナー達が解っていなければ意味のないものです。
ですから、理念の共有、共感、共鳴にお金と時間をかけています。会議、そうじ、視察、ブログなど実施しています。ブログについては、週2~3通、携帯電話へ私から直接送っています。(もちろん返信可です)」
と働くスタッフの皆様の行動の基になる理念や考え方を非常に大切にされていることを感じました。普段、大和代表、藤井が書くメルマガ「麺専門店の繁盛方程式 日々の気づき」などで情報を得られているという森下社長。常により良くなるための勉強は欠かさない森下社長の高い向上心を感じました。

お客様の楽しい時間を演出できるツールになりたい

「弊社の事業は、うどん文化の継承です。大切な日本の食文化、本物の美味しいうどんを次世代へ伝えてゆくのが使命です。」と強く語られる森下社長。HP上でも「うどん文化継承プロジェクト」という企画を掲載されています。これはスタッフの方に本物のうどんの製法を身につけて貰うと同時に、お客様へ本物のうどんを伝えていくことで、今後の日本の子供たちに大切な日本のうどん文化を継承させ、継続してくこと。日本の麺食文化を世界に広めることを使命の一つとする大和も非常に共鳴させて頂ける考え方です。
「外食業という観点からは、人と人とのコミュニケーション(繋がり)が活性化するツールになりたいと考えています。私たちの考えるレストランは、ご来店いただいたお客様のお役に立つことです。

もちろんスタッフとお客様の繋がりも大切なのですが、私どものレストランを利用して家族、カップル、友人などが楽しい時間を過ごし絆を強いものにするお手伝いができればいいと思います。

あくまでも私たちは、そのためのツールでいいと考えています。美味しい料理もお客様を笑顔にする、笑顔で話しをしながら楽しい時間を過ごしてもらえる、本来レストランの役割は、そうだと思います。私も子供が小さいころ毎週必ず外食をしていました。そしてこの時間を家族で大切にしていました。家族の記念日には、少し高めでしたがお気に入りのイタリア料理店へ行き楽しく食事をし、思い出をつくりました。そこのマスター達夫婦も決して、でしゃばらず私たちの楽しい時間を、さりげないサービスでそっと演出してくれていました。そんな想いから、私たちは楽しい時間を邪魔することなく、演出できるツールでいいと考えています。」

藤井社長との出会い

『私の商売での分岐点は何回もありました。
もしその分岐点で道を誤っていたら今はないと思います。そしてそこには必ず人との出会い、ご縁がありました。今から6年ほど前の平成14年、店の売上に悩み路頭に迷っていたとき、先代からのご縁である藤井社長に相談に行きました。藤井社長は「店はコンセプトが最も重要、それを一生懸命考えなさい」とご指導いただきました。

それから亀城庵様のコンセプトを勉強し、何度も藤井社長に見ていただきやっと自店のコンセプトをつくることができました。「地域になくてはならない店にしなさい」と藤井社長に激励され、そのコンセプトを既存店リニューアルの軸としました。結果、売上が順調に伸び、その後大和製作所皆様方のご協力を賜り少しずつ事業拡大をすることが出来ました。お店は誰のために存在するのか、という大切な基本を藤井社長から学ぶことができ今があると思っています。』

————————————-

「お客様の感動」「社員の幸せ」をイコールにするエビス.カンパニー様がこれから益々強い会社になっていかれることを心より応援させて頂くと共に、10年後のエビス.カンパニー様の姿を楽しみにしております。 大和は、今後も精一杯サポートさせていただきます!

ヱビス.カンパニー.
三重
ゑびすや

〒513-8686 三重県鈴鹿市算所2-5-1

甚八

〒519-0101 三重県亀山市井田川町谷山660-2

麺の匠

〒513-0834 三重県鈴鹿市庄野羽山4-1-2

権兵

三重県鈴鹿市西条町字東澤430-1

麺の種類うどん
既存店うどん製麺機(真打)ユーザーうどん学校卒業生