ラーメン、うどん、そば、麺の種類ごとで何が違うのでしょうか? それぞれの麺の歴史から順番に解説していきます。

ラーメン

ラーメンは100年以上かけて進化してきました。
公式記録によると、1910年に東京で「来々軒」というラーメン店が開店し、あっさりとした醤油味の細麺を提供しました。
また、中国から伝わった麺料理も、日本の麺文化と融合して、新たな進化を遂げました。

ラーメン文化はあっという間に全国に広がり、地方ごとの特色を持つラーメンが各地で生まれました。

たとえば、九州の博多では、博多豚骨ラーメンが最も有名なメニューの一つです。

博多豚骨ラーメンは、豚骨を乳化させた濃厚スープと細くて硬めの面で知られています。また、北の大地、北海道最大の都市である札幌では、札幌ラーメンと呼ばれるものが特色で、これは味噌ベースのスープに黄色くて比較的太めの縮れ麺が特徴となっており、一般的にはコーンとバターがトッピングとして加えられます。

北海道の第二の都市、旭川市における旭川ラーメンは、水分含有率が低い麺が特徴で、良い歯ごたえと小麦の香りが楽しめ、茹でても醤油スープをよく吸って、食べるときにスープとよく絡みます。

スープの濃厚さや塩分、風味、麺の太さや食感などは地域によって大きく異なるため、ラーメンについて語る際は、さまざまな要素を考えなければなりません。

ラーメン店をこれから作りたいと思っている人がいましたら、どのようなラーメンを作りたいのか、具体的な情報を共有して頂けると、幸いです。

ラーメンとは?

お肉と卵とネギが乗っているラーメン

ラーメンは通常、小麦粉、水、かんすい(主に炭酸カリウムと炭酸ナトリウムの組み合わせ)などの材料から作られます。生めん類の公正競争規約において、「ラーメン」と定義されるのは、かんすいを練り込んだ麺のことを指します。

ラーメン作りの極意!小麦粉からスープ、トッピングまでをラーメン学校で詳しく説明します。

ラーメンに用いられる小麦粉は、一般的にタンパク質含有率が高いもの(通常10~13%)が選ばれます。

そして、使用する材料の組み合わせによって、ラーメンの形状、大きさ、食感、色彩、味わいといった要素は無数に広がります。

ラーメンの麺は、練り込む水の量により大まかに3つのタイプに分類されます。水分が多いほど、麺は柔らかくなります。低加水率麺(小麦粉重量に対して25~31%)は、硬めの食感で細い麺が特徴です。

中加水麺(32%~39%)は、比較的柔らかく、麺の太さも中程度です。一方、高加水率麺(40%以上)は、うどんに近いモチモチとした食感が特徴で、これらは一般的に太麺となります。

このように、水の比率を僅かに変えるだけで麺の食感は大きく変わり、そのバリエーションは無限大と言えます。

地域によりラーメンの好みは変わります。大和は全国のラーメン店と協力し、多様なラーメンレシピを蓄積してきました。

大和ラーメン学校では、ラーメン製麺機を使い、美味しいラーメンの作り方を学びます。コースを修了すれば、お客様に自信を持って提供できる、自己流の絶品ラーメンを作ることができるようになります。

多くの人気ラーメン店には、絶対に明かすことのない独自のスープ作りの秘密があります。

麺のクオリティが注目されるようになってきた現在でも、ラーメンにとってスープの味は重要な要素です。ラーメン店を成功させるためには、麺とスープの絶妙なバランスが必要なのです。大和ラーメン学校ではラーメンスープ作りの実習も行っており、このコースを受講すれば、様々なスープレシピを学び、プロのラーメンスープ作りに必要な技術を身につけることが可能です。

また、ラーメンのトッピングの代表格と言えばチャーシュー。ラーメンコースでは、チャーシューの作り方から学びます。さらに、メンマや味付け玉子などのトッピングについても学んでいきます。

本格的なラーメンの作り方を一から学びたい方は、ラーメン学校の受講をご検討ください。

本格的なラーメンを商業的に生産することに興味がある方は、当社のラーメン製麺機をご覧ください。

うどん

うどんは、小麦粉と水、塩、時には少量のお酢使って作られます。食感は柔らかくモチモチとしており、ラーメンやそばなど、麺種に比べて大きめの傾向があります。

日本におけるうどんの歴史は長く、食べ始めた時期については諸説ありますが、何百年も前から日本人の食卓に上がっていたことは間違いありません。時を経る中で、うどんはじっくりと進化し、日本各地で多様なバリエーションが生まれました。

それら地域ごとのうどんの中には、全国的、さらには世界的に人気を集めるものも現れました。

その中でも最も著名で愛されているのが「讃岐うどん」です。「讃岐」はうどんが発祥し、広まった香川県の古名です。

讃岐うどんは一般に太めで歯応えのある麺が特徴で、色は白く、長さも比較的長いです。このタイプのうどんを提供する外食チェーンも出店し、海外でも人気が高まっています。その特有の食感を引き出すためには、「熟成」と呼ばれる生地を最適な状態にまで仕上げる工程が必要となります。

地域別うどんの特徴、オリジナルレシピの習得、製麺技術を通しての学び方

うどんの種類は地域によって異なりますが、一般的には下記のようなものになります。

うどんの麺の種類

かけうどん

かけうどんは、煮干しや昆布から作られる熱いつゆと一緒に味わううどんです。

ざるうどん

ざるうどんは、冷たいうどんに特製のつゆをかけて食べます。一般的には氷で冷やすため、食感は硬めになり、他のタイプと比べて麺を長く茹でる必要があります。

釜揚げうどん

釜揚げうどんは、熱々のうどんに特製つゆをかけていただきます。通常、うどんは茹でた後に澱粉を落とすために洗いますが、このタイプは茹でたまま提供するため、その工程が不要です。そのため、釜揚げうどんは最も調理時間が短いうどんでもあります。

ぶっかけうどん

ぶっかけうどんは、別添えの特製ソースをかけて、冷たくも温かくも提供します。食べる直前にソースを麺にかけて混ぜるのが特徴で、その新鮮さとシンプルさから人気があります。

うどん講習会では、原材料である小麦、水、塩を理解し、美味しいうどんの作り方を学んでいきます。各工程は実践を通じて学びます。また、大和製作所の製麺機の正しい使い方も習得します。このコースの目的は、お客様に自信を持ってうどんを提供できるようになることです。

カリキュラムでは、ヘルシーで無添加のうどん用スープとソースの作り方に焦点を当てています。基礎的な材料知識や調理方法を学んだ後、大和うどん麺学校オリジナルのうどんスープとソースのレシピを習得します。

本格的なうどんの作り方を一から学び、うどん店を成功させたいという方は、ぜひうどん学校への入学をご検討ください。

本格的なうどんを商業的に生産することに興味があるなら、当社のうどん製麺機をご覧ください。

蕎麦

蕎麦の歴史は長い。蕎麦は江戸社会で広く親しまれてきました。

江戸時代の庶民の食卓には、鰻の蒲焼き、寿司、天ぷらなどがあったが、そばの消費量には及ばず、年間を通じて広く頻繁に食べられるものではなかった。そばは庶民だけでなく、大名にも人気があった。俳句や川柳をはじめ、さまざまな文学作品に登場することからも、そばが庶民の生活に浸透し、面白さを加えていたことがわかる。

そば粉を水で練って作るそば切りは、そばと呼ばれるようになった。そばの麺が登場するのは、徳川家康が関東への転封を余儀なくされ、江戸城を手に入れた1590年以前のことである。

江戸時代には、小麦粉製品の製造に画期的な製法を提供した水車小屋が一般的になった。殖産興業によるそばの作付け増加に加え、水車小屋の発達による生産性の飛躍的向上、そばの練り技術の向上など、さまざまな要因がそば消費拡大の基盤を支えた。

そばの歴史、製法、そして食文化の影響

ざるの上に乗ったそばとつゆ、お箸

地方のそば料理だけでなく、そばの実のどの部分を粉にするかによって、切りそばの種類が異なります。

江戸時代の庶民の食事といえば、鰻の蒲焼きや寿司、天ぷらなどがありましたが、これらはそばほど一般的に、また頻繁に食べられるものではありませんでした。そばは庶民だけでなく、大名からも愛され、俳句や川柳などの文学作品にも頻繁に登場するほど、生活の中に深く根ざしていました。

そばという名の由来は、そば粉と水を練って作られる麺、すなわち「そば切り」からきています。そばの麺が初めて登場したのは、徳川家康が関東に転封され、江戸城を得た1590年以前のことです。

さらにそばは江戸時代になると、水車小屋が発展し、小麦粉製品の製造に革新的な方法を提供するようになりました。そばの栽培面積の拡大、水車小屋による生産力の大幅な向上、そしてそばの練り技術の進歩など、様々な要素がそばの消費拡大の基盤を築いていきました。

その後も、蕎麦は日本人の生活に欠かせないものとなり、現代では、製麺機の使用によって、美味しい蕎麦を作ることができます。
蕎麦作りの技術をさらに深く学びたい方のために、ミニ蕎麦学校も開催しております。

蕎麦作りに必要な「蕎麦打ち(製麺)」と「出汁作り」を2日間で集中して学びます。

本格的な蕎麦の生産にご興味のある方は、当社の蕎麦打ち機坂東太郎をご覧ください。

この記事をお読みのみなさまへ

この記事で取り上げている内容で、ご不明点や直接お聞きしたいことなどがあれば、お気軽にお尋ねください。

後日、ご回答させて頂きます

インターネットでは得られない独自の情報を求めている方へ

売上と利益を上げる盛付方法 - オンライン配信

「盛り付け次第で、美味しくもまずくもできるって本当ですか?」

あなたはどのように思いますか?
実はこれ、ウソのような本当な話なのです

盛り付けはただ見た目を良くするだけではなく、味にも変化を与えます

今回の配信では、以下の要素をもとに説明していきます
・盛り付けのコンセプト
・食器の選定、食材の選定
・デザイン力(形にする力)と作業性の追求

コロナ後、お客さまにとって
「価値を感じるもの」や「考え方」が変化しました。

従来の考え方に捉われない、アフターコロナ時代の正しい開業の流れを学びましょう。

【こんな方におすすめです】
・自家製麺の参考材料にしたい方
・店舗展開するアイデアを得たい方
・インターネットでは得られない独自の情報を求めている方

【配信内容】
・自家製麺と仕入れ麺
・麺、スープ、トッピング等のバランスの取れた品質で勝負
・麺ビジネスの可能性は製麺機が創り出した
・製麺機の本質は、従業員の教育ツールだった

※解説内容は変更になる場合がございます。

コロナ前・後で、お客さまにとって、価値を感じるものや、考え方が変化しました。

コロナ後、お客さまにとって
・価値を感じるもの
・考え方
これらが変化しました。

従来の考え方に捉われない、アフターコロナ時代の正しい開業の流れを学びましょう。

【こんな方におすすめです】
・正しい開業の流れを理解し、開業の参考材料にしたい方
・アフターコロナ時代の価値観を知り、店舗展開するアイデアを得たい方
・インターネットでは得られない独自の情報を求めている方

【配信内容】
・麺ビジネスの特殊性の理解
・アフターコロナの新しい時代への取り組み(価値観の変化)
・デジタル化への取り組み
・品質の追求
・スケジュール、コンセプト、不動産屋へすぐに行かない

アフターコロナ時代で、お客さまの
・価値観の変化
・求めていること

これらを配信内で、深く掘り下げます。

【配信内容】

・今までの(過去)のさぬきうどんの特徴
・アフターコロナ以降の価値観の変化
・アフターコロナでお客様の求めているものは?
・アフターコロナのうどんビジネスの始め方

1日間で競合と差をつけるアイデア・商品力を磨く

大和麺学校で、お教えしている内容を絞り、1日に限定したイベントです。
「製麺」「小麦粉・そば粉の基礎」「スープ・出汁の作り方」を見る・学ぶ・体験できます。

さらに時代を先取りした、ほかでは学ぶことができない、
大和流インパクト「最高の魚介出汁スープ
大和流最先端「冷やしかけ蕎麦

を作り・試食を行います。

ラーメン学校に参加するか迷っている方、興味あるけど不安な方へ
ラーメン店の 開業をお考えのみなさまへ
ラーメン店・うどん店の 開業をお考えのみなさまへ

これから麺事業を始める方
このビジネスに本当に情熱を注げるか
確認して頂くための「判断材料」にしてください

 

既に麺専門店を経営されている方
お店が本質的に長く成功するための
「考え方」と「さまざまな知識」を得ることができます

ぜひ、参加前に自分に合っているか
どうかの判断材料として見学会をご活用ください


※希望者のみ、個別相談会も実施いたします

「実際に、雰囲気はどうなんだろう?」
「どんな流れで進むんだろう?」
「どんなことを学んでいるのだろう?」

そんな疑問や不安を解消するために見学会を開催しています。

参加するかどうか迷っている時間を減らし、自分に合っているかどうかを判断できます。

ぜひこの機会に見学会にお越しください

「参加するか迷っているけど、実際、学校の雰囲気はどうなんだろう?」
「どんな流れで進むのだろう?」
「どんなことを学んでいるのだろう?」

そんな不安や疑問を解消するために見学会を開催しております。


実際の雰囲気を感じ、どんな風に授業が行われているのかを知ることで、参加の選択に自信を持つことができるでしょう。

見学会では、無料個別相談会も行います。

ぜひこの機会に見学会にお越しください

「学校のことなど聞きに行きたい。」
「ちょっとだけ学校ってどんな場所か見てみたい!」
そんな新規開業者の声にお答えして各ドリームスタジオで
大和ラーメン学校見学ツアーを開催いたします

すこし参加を考えているけど、学校の
「雰囲気はどうなんだろう?」
「どんな流れなんだろう?」
「どんなことを学ぶんだろう?」

見学を通して、あなたの疑問・質問を解消しに来てください

また、この記事で取り上げている内容でご不明点やご質問があればお気軽にお尋ねください

プレゼンター

藤井 薫(ロッキー藤井)

藤井 薫(ロッキー藤井)

株式会社大和製作所、株式会社讃匠 代表取締役。
令和5年 秋の叙勲にて「旭日単光章」受章。

1948年5月、香川県坂出市生まれ。国立高松工業高等専門学校機械工学科卒業。川崎重工株式会社に入社し、航空機事業部機体設計課に配属。その後、独立し、1975年に大和製作所を創業。

過去48年以上にわたり、麺ビジネスを一筋に研究し麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。麺専門店の繁盛法則について全国各地で公演を行う。小型製麺機はベストセラーとなり、業界トップシェアを誇る。
「麺店の影の指南役」「行列の仕掛け人」として「カンブリア宮殿」「ありえへん∞世界」「スーパーJチャンネル」等、人気TV番組に出演するほか、メディアにも多数取り上げられる。
また、2000年4月にうどん学校、2004年1月にラーメン学校とそば学校を開校し、校長に就任。

関連記事

新着記事