製麺機販売から麺店の開業支援・経営まで完全サポートする大和製作所
YAMATO大和製作所 人生の成功ストーリー販売会社

商圏分析

お問い合わせは無料通話 資料請求もこちら  携帯電話・PHS可 受付8:30~17:30(	日・祝除く)
お探しの資料が見つからない方へ クリック

会社案内

20年前の古いビジネスモデルでは脱落する。

日本の食品界の変貌は目を見張るものがあります。和洋を問わず次から次ぎへとライフスタイルに合わせた商品開発のオンパレードです。一方、麺専門店といえば歴史がある反面、時代のトレンドに関係なく未だに20~30年前のビジネスモデルで戦っている場合が多いのが現状です。そして古い体質のままお客様に取り残され脱落しています。 現在麺専門店は年間で約4,000~5,000軒新規開業し、約4,000~5,000軒が廃業の憂き目にさらされているようです。

ライバルはうどん、そば、ラーメン店だけではなく外食産業の過激な競争

例えば、うどん店を始める場合、近隣のうどん店だけがライバルだと思っている人が多いようです。しかし、近くにある麺専門店だけが競合相手だけではなく、外食産業全てがライバルで、特に大資本のチェーン展開を繰り広げるファミリーレストランやファーストフードなどは商品開発、プロモーション戦略に長け、過激な競争で戦っています。お客様はファッショナブルな食提案に敏感に反応し、足を運ぶことになります。   更に、全国を網羅しているコンビニエンス、ホカホカ弁当も立派なライバルです。麺専門店も対岸の火事と呑気なことは言っておれません。

時代は健康志向

スポーツジム通い、サプリメント、無添加食品、低カロリーなど時代は健康志向の真只中です。麺専門店で言えば一般的に最近のお客様に嫌われる理由の一つが健康指向でないことです。スープには塩分が沢山含まれ、全部飲むと塩分の摂り過ぎになるとか、栄養のバランスが取れていないことがあげられます。   澱粉質と天ぷらなどカロリーが高い食事になっているのです。現代人はカロリーの摂り過ぎで、そのために糖尿病、成人病が蔓延し、健康意識の高い、良いお客様を獲得できていないのが現状です。

繁盛店づくりの7つの間違い

  • (1)知り合いで、或いは知り合いを通じてうどん、そば、ラーメン店を営業している人を頼って、教えてもらう。
  • (2)麺専門の開業方法を指導している学校に入校して一通りの技術を習得する。
  • (3)お世話になった不動産屋を介して、様々な業者の紹介を得る。
  • (4)厨房会社の様な設備会社で教えてもらう。
  • (5)製麺機製造会社の講習会で情報と技術を入手する。
  • (6)外食専門コンサルタントに指導してもらう。
  • (7)全く誰にも教えてもらわずに独学で習得する。

業績の悪い店

  • (1)売り物の商品にこだわりがない。(商品力が弱い)
  • (2)メニューの数が多すぎる。
  • (3)日替わり定食を出している。
  • (4)昼の客単価がお客様の懐具合と合っていない。
  • (5)お店のコンセプトがはっきりしていない。
  • (6)メニューが健康指向でない。
  • (7)夜の営業方法が間違っている。
  • (8)日曜日、祭日の営業方法が間違っている。
  • (9)活気がない。
  • (10)店が汚い。

失敗しない麺専門店5つのポイント

  • (1)商品力が何より大切。
    ●美味しさ●美味しさと価格のバランス ●健康指向●見た目の綺麗さ●看板商品を作る
  • (2)昼間は回転を上げることに専念する。
    ●メニューは多くせず、強いメニューを作る
  • (3)立地条件を間違わない。
    ●立地選びは妥協しない●駐車場
  • (4)話題性。
  • (5)常に増客の仕組みを作る。
  • (6)外食専門コンサルタントに指導してもらう。
  • (7)日々進化。
ページトップ