【第一章】麺ビジネスの恐ろしい現実

麺ビジネスは人口減でさらに厳しい現実が待ち受ける

日本の人口減、コロナウイルスによる外食産業の減少など、外食産業を取り巻くマイナス要因。もともと厳しい麺ビジネスの現実に加えて、凄まじい勢いで変化する時代に対応する力も必要となってきます。ロッキー藤井が創業した1970年代から、変化し続けて現在の最新型製麺機があります。現在の領域にとどまらずに、新しい領域に広げていくことの重要性、生き残り戦略のマインドセットをご紹介しています。

ここに注目!
変化に対応するポイントは
「自分自身への理解」
【プレゼンター】
株式会社大和製作所 代表​
ロッキー藤井

47年以上、麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。コンセプトを重視した哲学で開発した製麺機は、業界ベストセラーとなり小型製麺機業界でNo.1シェアとなる。

イベント情報・お得情報を
メールとLINEで発信中!

メール配信登録
LINEお友達登録はこちら