業界の繁盛店に支えられ、真打がなぜベストセラーになったのか?開発者のロッキー藤井が解説します。

うどん業界で最も売れている製麺機「真打」のご紹介

「真打」は故障しにくく稼働し続けられるので、「平均寿命」は製麺機業界の中で最高水準。
さらに製麺機に必要な「生産能力」は300食/時と非常に高いので、その結果、1台で打てる麺の食数が多く、食数の多い繁盛店ほど「利益」が稼げる。
そんなベストセラー製麺機「真打」の秘密を開発者ロッキー藤井がご紹介。

【プレゼンター】

ロッキー藤井
株式会社大和製作所 代表

47年以上、麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。コンセプトを重視した哲学で開発した製麺機は、業界ベストセラーとなり小型製麺機業界でNo.1シェアとなる。

動画をご視聴ください

Udon Noodle Making Machine - SUPER-SHINUCHI

小型製麺機

スーパー真打
12.5kgミキサータイプ
SB1284AS

パワフルな中型店向け

  • 電源:家庭用100V
  • ミキサー:一体型12.5kg
  • 生産能力:250~300食/時

イベント情報・お得情報をメールとLINEで発信中!

メール配信登録
LINEお友達登録はこちら
この記事をお読みのみなさまへ

この記事で取り上げている内容で、ご不明点や直接お聞きしたいことなどがあれば、お気軽にお尋ねください。

後日、ご回答させて頂きます

インターネットでは得られない独自情報を求めているあなたへ

【成功事例も紹介】アフターコロナ時代の新しいうどんビジネス-オンライン配信

アフターコロナ時代で、お客さまの
・価値観の変化
・求めていること

これらを配信内で、深く掘り下げます。

【配信内容】

・今までの(過去)のさぬきうどんの特徴
・アフターコロナ以降の価値観の変化
・アフターコロナでお客様の求めているものは?
・アフターコロナのうどんビジネスの始め方

1日間で競合と差をつけるアイデア・商品力を磨く

大和ラーメン・うどん学校で、お教えしている内容を絞り、1日に限定したイベントです。
「製麺」「小麦粉の基礎」「スープの作り方」を見る・学ぶ・体験できます。

さらに時代を先取りした、ほかでは学ぶことができない、
大和流インパクト「最高の魚介出汁スープ
大和流最先端「牛肉かけ・ぶっかけうどん

を作り・試食を行います。

ラーメン店・うどん店の 開業をお考えのみなさまへ

「学校のことなど聞きに行きたい。」
「ちょっとだけ学校ってどんな場所か見てみたい!」
そんな新規開業者の声にお答えして各ドリームスタジオで
大和ラーメン・うどん学校見学ツアーを開催いたします

また、この記事で取り上げている内容でご不明点やご質問があればお気軽にお尋ねください

プレゼンター

藤井 薫(ロッキー藤井)

藤井 薫(ロッキー藤井)

株式会社大和製作所、株式会社讃匠 代表取締役。
令和5年 秋の叙勲にて「旭日単光章」受章。

1948年5月、香川県坂出市生まれ。国立高松工業高等専門学校機械工学科卒業。川崎重工株式会社に入社し、航空機事業部機体設計課に配属。その後、独立し、1975年に大和製作所を創業。

過去48年以上にわたり、麺ビジネスを一筋に研究し麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。麺専門店の繁盛法則について全国各地で公演を行う。小型製麺機はベストセラーとなり、業界トップシェアを誇る。
「麺店の影の指南役」「行列の仕掛け人」として「カンブリア宮殿」「ありえへん∞世界」「スーパーJチャンネル」等、人気TV番組に出演するほか、メディアにも多数取り上げられる。
また、2000年4月にうどん学校、2004年1月にラーメン学校とそば学校を開校し、校長に就任。

関連記事

新着記事