製麺工程の負荷を軽減した新モデル

小型製麺機

リッチメンゴールド

10kgミキサータイプ

LMA552310

製麺工程を楽にするために粗麺帯作りの自動化機能を搭載。 全体の高さを低くしながら、切刃や玉取りの位置を高く設計することで、あらゆる体格の方が楽に使えるようになりました。さらに進化した生産能力と高度な安全性を実現しています。

リッチメンゴールド 進化した10のポイント

生地の自動押し込み

そぼろ状の生地を帯状にする「粗麺帯作り」の自動サポート機能搭載。
ベルトコンベアによってロールへ生地を自動で押し込みますので、手で押し込む手間がなくなります。

一定量巻取りで自動停止

センサーが麺帯の巻取り量を感知して自動停止します。

タッチパネルで簡単確認

ミキサーの運転時間やロール幅、カッター速度などをデジタル表示で簡単に視認できます。

ロール幅調整をデジタル表示で

ロール幅の調整はデジタル表示で直感的に操作できます。

カット中の変速でもロスが少ない

カッターの停止・再開、カット速度の上げ下げをしても量目はほとんど変わりません。

確かな安全装置

生地投入部に取り付けられたセンサーは、幅広い一面の検知範囲を持ち、手や物のロールへの侵入を防ぎます。 安心して製麺して頂けるように、高度な安全性を実現しています。

掃除が簡単

ロールカスリの掃除が簡単にできるようになりました。ロール上部は、カスリを取り外して掃除ができます。ロール下部のカスリは、下から手を入れて掃除が可能です。

麺帯の移動を楽に

巻取り終わった麺帯は、ガイドレールに沿って滑らせることで、楽に移動が可能です。旧モデルと比べて、重い麺帯を持ち上げて移動する必要がありません。

均一なミキシング

従来のミキサーよりも横に広く、生地に余分な負荷をかけることなく、均一なミキシングが可能です。

パワフルなカット

逆切り麺も楽に作れるようになり、さらに自由な製麺ができます。

玉取りの高さを楽な位置に

全体の高さを低くしながら、切刃や玉取りの位置を高く設計。玉取りの高さは、40cmから60cmにアップしました。玉取りの時の「かがむ動作」がなくなり、自然な動きで作業ができます。

どんな麺も自由自在に作れる

細麺~太麺、ちぢれ麺、平麺など材料や切刃・麺厚次第で何でも作れます。

餃子の皮も作れる

自家製の餃子の皮で他店と差がつけられます。専用の型抜き機もご用意しています。

家庭用電源で利用できる

家庭用の単相100Vの電源で動作するため、どこでも安心してご利用になれます。

機種名RICHMEN GOLD
型式LMA552310
外形寸法 *1W1,350×D645×H1,000
最大消費電力 *21.80/1.73kw
50/60Hz(単相100V)
重量約350kg
能力ミキサー10kg(粉量)
ロール幅210mm
ロール径163mm(5.4寸)
食/時150~250食/時

*1 散粉機・ロールハンドルは含まない
*2 散粉機(消費電力:0.06kw)は含まない

ラーメン製麺機リッチメンについてお気軽にお問い合わせください​