マネジメントセミナーから学ぶ、末永く成功し続ける戦略とは

麺ビジネスにおいて、末永く成功し続ける戦略、ロッキー藤井の本質戦略について解説します。

この戦略は決して、難しい内容ではないのですが、誰でも簡単に実践できるような内容ではありません。

現に毎月、ラーメン学校、うどん学校の経営講義では、末永く成功し続ける戦略を訴え続けていますが、実践される方は、非常に少ないのが現状です。

「出来るだけ楽して、手っ取り早く稼ぎたい」というタイプの方、過去の常識だけに頼っている方がこの戦略を手に入れても、その価値を全く引き出すことができないでしょう。

反対に、難易度は高いが、一般的に広まっているありふれた戦略では到底満足できないような大きな成果を求めている、野心的なタイプの方でしたら、この戦略は、あなたの強力な武器になり、永い繁栄を約束してくれるでしょう。

詳しい内容は動画内で解説

 

テクノロジーの進化と麺ビジネス

最近では、コンピュータが発明され、PCからスマホの時代になり、スマホが脳の機能を拡張続けています。

人類の歴史を振り返ると、石器時代に始まり、インターネットに至るまで、全てのテクノロジーは、何らかの形で人間が持つ機能を拡張してきました。

人類の進化の歴史はテクノロジーの進化の歴史であり、テクノロジーはビジネスを成功させる重要な道具です。

特に麺ビジネスでは、手作業から機械化への進化が大きな影響を与えています。例えば、手打ち式製麺機の発明は、うどんビジネスにおける画期的な技術革新に貢献しています。

生産性の向上

生産性の向上がビジネス成功の鍵。価格を上げることは生産性を高める最も簡単な方法だが、高品質な商品提供がその前提条件です。

長いビジネスの繁栄を目指す場合、利益をシッカリ確保することが欠かせない。

例としてそれを実践しているのが、骨付鶏の一鶴などのビジネスモデルが挙げられます。

情報の海で振り回されない(周りの影響で振り回されないことの大切さを理解する)

最近はスマホの進化で情報があふれかえっています。その結果多くのビジネスの経営者がそのような情報に振り回されている。48周年にわたる麺ビジネスを見続けてきた者からすれば、溢れている情報のほとんどは、役に立たない情報です。

そのような情報を真に受けて、やってみると、世の中に受け入れられずに、結果として失敗してしまうのです。

現実を見ると、多くの人たちは、自分の頭で考えることをやっていないように思います。

必然的に、本当に成功する事業と言うのは世の中の少数派(既存店のコピーではなく)から生まれなければならないはずです。

多数派が考えるアイデアで勝利を収めるのは、簡単ではなく、ほとんど不可能です。

自分の頭で考える

自分の頭で考える時間をいかに取るかが、人生で成功する秘訣。ほとんどの人は自分の考える時間を取っていない。

プロとアマチュアの違い

プロは練習の時間を大切にする、試合の時間よりも練習の時間を十分にとる。

例えばうどん店ビジネスの場合、昼間、働いている時間は試合時間。職場を離れて、自宅等での学びの時間が練習時間である。

この学びの時間に知識を取り入れるだけではなく、思考の時間をシッカリ取ることがビジネス成功の基本である。

思考の時間に頭の中で考えるだけではなく、絶えず紙に書く、あるいはPCに残しておくことが大切。その上に書き足し、書き直し、日々、PDCAを回し続けることができ、進化し続けることができる。

テクノロジーの活用

現在の市場で成功している成功事例ではなく、これからの時代に成功しそうなビジネスモデルをテクノロジーを活用して、造り上げれば、短期間で業界を制覇できるようなビジネスモデルを作り上げることができる可能性のある時代に突入している。

ところがほとんどの新規参入者はそうしない。これまでのビジネスモデルにしがみ付いているのが現状です。

自分を大切にする、自分の本来の強さを発見し自分の強みで勝負する

成功するためには、自分自身を大切にし、健康、エネルギー、知識、精神力の向上に努めることが不可欠です。

健康な食事、適度な運動、良質な睡眠、瞑想、読書、そして思考の時間を確保することが大切です。

具体的には、

1、最高の食べ物、単に効果な食事、食品ではなく、自分の身体を最高の状態にしてくれる食事をキチンと取る

2、自分自身が、日々、嬉々として取り組める楽しくてたまらない仕事を見つける。

単に儲かりそうではなく、本当に自分自身が情熱を持てて取り組める仕事であるかどうかは非常に大切。

3、適度な運動、毎日、汗をかく程度の運動を日課にして、身体のメンテナンスを怠らない。

4、最高の睡眠状態を保つ(精神力を強くするのに役立つ)

5、瞑想の時間を取る(精神力を強くするのに役に立つ)

6、読書で知識を得る(良書は、精神性を高めてくれる、自分自身のイノベーションを起こし続ける)

7、思考の時間を取る(自分自身のイノベーションを起こし続けるのに、効果的)

お客様の幸福がビジネス成功の鍵

最終的に、ビジネスはお客様をハッピーにするほど、成功度が高くなる。

TOTOのウォッシュレット、マクドナルドやモスバーガーのハンバーガー、丸亀製麺など、世界中の多くの成功しているビジネスをみればみるほど、ビジネスの成功=多くのお客さまのハッピー度と比例関係があることがわかる。

飲食ビジネスの成功=料理の品質×アート(デザイン)×サイエンス(科学、マネッジメント、数値の世界)×ユーモア(エンターテイメント)×哲学(ポリシー)

まとめ

テクノロジーの進化を利用し、生産性を高める。独自の価値を提供し、自分自身を大切にすること。これらが、長期的なビジネス成功への道をヒントです。

この記事をお読みのみなさまへ

この記事で取り上げている内容で、ご不明点や直接お聞きしたいことなどがあれば、お気軽にお尋ねください。

後日、ご回答させて頂きます

インターネットでは得られない独自の情報を求めている方へ

売上と利益を上げる盛付方法 - オンライン配信

「盛り付け次第で、美味しくもまずくもできるって本当ですか?」

あなたはどのように思いますか?
実はこれ、ウソのような本当な話なのです

盛り付けはただ見た目を良くするだけではなく、味にも変化を与えます

今回の配信では、以下の要素をもとに説明していきます
・盛り付けのコンセプト
・食器の選定、食材の選定
・デザイン力(形にする力)と作業性の追求

1日間で競合と差をつけるアイデア・商品力を磨く

大和麺学校で、お教えしている内容を絞り、1日に限定したイベントです。
「製麺」「小麦粉・そば粉の基礎」「スープ・出汁の作り方」を見る・学ぶ・体験できます。

さらに時代を先取りした、ほかでは学ぶことができない、
大和流インパクト「最高の魚介出汁スープ
大和流最先端「冷やしかけ蕎麦

を作り・試食を行います。

ラーメン学校に参加するか迷っている方、興味あるけど不安な方へ
ラーメン店の 開業をお考えのみなさまへ
ラーメン店・うどん店の 開業をお考えのみなさまへ

これから麺事業を始める方
このビジネスに本当に情熱を注げるか
確認して頂くための「判断材料」にしてください

 

既に麺専門店を経営されている方
お店が本質的に長く成功するための
「考え方」と「さまざまな知識」を得ることができます

ぜひ、参加前に自分に合っているか
どうかの判断材料として見学会をご活用ください


※希望者のみ、個別相談会も実施いたします

「実際に、雰囲気はどうなんだろう?」
「どんな流れで進むんだろう?」
「どんなことを学んでいるのだろう?」

そんな疑問や不安を解消するために見学会を開催しています。

参加するかどうか迷っている時間を減らし、自分に合っているかどうかを判断できます。

ぜひこの機会に見学会にお越しください

「参加するか迷っているけど、実際、学校の雰囲気はどうなんだろう?」
「どんな流れで進むのだろう?」
「どんなことを学んでいるのだろう?」

そんな不安や疑問を解消するために見学会を開催しております。


実際の雰囲気を感じ、どんな風に授業が行われているのかを知ることで、参加の選択に自信を持つことができるでしょう。

見学会では、無料個別相談会も行います。

ぜひこの機会に見学会にお越しください

「学校のことなど聞きに行きたい。」
「ちょっとだけ学校ってどんな場所か見てみたい!」
そんな新規開業者の声にお答えして各ドリームスタジオで
大和ラーメン学校見学ツアーを開催いたします

すこし参加を考えているけど、学校の
「雰囲気はどうなんだろう?」
「どんな流れなんだろう?」
「どんなことを学ぶんだろう?」

見学を通して、あなたの疑問・質問を解消しに来てください

また、この記事で取り上げている内容でご不明点やご質問があればお気軽にお尋ねください

プレゼンター

藤井 薫(ロッキー藤井)

藤井 薫(ロッキー藤井)

株式会社大和製作所、株式会社讃匠 代表取締役。
令和5年 秋の叙勲にて「旭日単光章」受章。

1948年5月、香川県坂出市生まれ。国立高松工業高等専門学校機械工学科卒業。川崎重工株式会社に入社し、航空機事業部機体設計課に配属。その後、独立し、1975年に大和製作所を創業。

過去48年以上にわたり、麺ビジネスを一筋に研究し麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。麺専門店の繁盛法則について全国各地で公演を行う。小型製麺機はベストセラーとなり、業界トップシェアを誇る。
「麺店の影の指南役」「行列の仕掛け人」として「カンブリア宮殿」「ありえへん∞世界」「スーパーJチャンネル」等、人気TV番組に出演するほか、メディアにも多数取り上げられる。
また、2000年4月にうどん学校、2004年1月にラーメン学校とそば学校を開校し、校長に就任。

関連記事

新着記事