ゆで卵の完璧な剝き方

知っていました? 卵の殻が剥きにくい理由。様々な卵を試してきて

ゆで卵の皮をむくときにイライラしたことはないだろうか?卵の殻が白身にぴったりくっついている。卵の殻の小さな欠片を少しずつ取り除く必要があるだろうか?卵の殻が白身にぴったりくっついている。卵の殻を少しずつ取り除く必要があるのでしょうか?また、取り除いた卵の殻が白身の塊を持って行ってしまい、卵を傷つけてしまったことはないだろうか。

ゆで卵の殻むきは、ストレスと時間のかかる作業です。また、ゆで卵を傷つけずに綺麗に剥きたいのであれば、集中力と努力が必要かもしれません。この記事では、ストレス無く綺麗にゆで卵を剥けるように、保証されたゆで卵の調理法をご紹介します。

ゆで卵の殻を剥く際に、イライラすることはありませんか?また、卵の殻を取り除くときに、卵白を傷つけてしまった経験はありませんか?

殻が卵白にくっついて、小さな片を一つずつ取り除くのは非常に手間がかかります。ゆで卵の殻を剥く作業は、ストレスが溜まり、時間もかかります。

卵を手で剥く際に、綺麗に剥いていきたい場合は、淡々と剥いていく集中力と忍耐力が必要です。

この記事では、ストレスなく綺麗にゆで卵が剥ける方法をご紹介したいと思います

ゆで卵の殻むきをマスターしよう

ゆで卵の殻むきの基本について

大和製作所では何万個ものゆで卵を作り、剥いてきました。その経験を通じて、ゆで卵の剥き方に関する専門知識を身につけました。

また、ゆで卵を傷つけずに綺麗に剥く最適な方法を見つけるため、さまざまな種類の卵を試してきました。

上手にゆで卵を剥くためには、まず鶏卵についての知識を深めることが大切だと感じ、その上でさまざまな、ゆで卵の調理方法を試してきました。

私たちは何万個ものゆで卵を調理し、剥いてきたため、ゆで卵の剥き方の達人になっている。ゆで卵を傷めずに剥く方法を見つけるために、様々な卵を試してきました。

ゆで卵を上手に剥くには、まず鶏卵についてもっと理解する必要があった。そして、ゆで卵の調理法を実験した。

新鮮な卵は剥きにくい

卵を傷めずに剥くのが難しい理由

なぜゆで卵を傷つけずに剥くのが難しいのか?

茹で卵の解説
黄身と白身が異なる温度で調理されることを理解し、調理温度をコントロールする。

皆さんは、スーパーマーケットで買った卵がいつ産まれたかを考えたことありますか?

実は、卵が産まれてからの経過日数によって、剥きやすさが変わることがわかっています。

この理由を理解するためには、卵の構造を知る必要があります。卵の殻の内側には、白身を包む二層の膜があります。新鮮な卵では白身のpH値が低く、酸性であるため、この内膜に白身が強くくっつきます。その結果、剥くのが難しくなります。

しかし、卵が少し古くなると、pH値が上昇し、内膜と白身のくっつきが弱まります。これが剥きやすさを高める秘訣です。

そのため、産卵後7~10日経過した卵を選ぶと剥きやすいです。

皆さんは、自分が買った卵が何年前のものかを考えたことがあるだろうか。スーパーマーケットで卵を見かけたとき、私達はその卵がいつ産まれたのかを知ることができるだろうか?卵は、産んでから何日経過しているかによって、剥きにくかったり剥きやすかったりすることが判明しました。

それを理解するには、卵の構造を見る必要がある。卵の殻の中には、白身を包む外膜と内膜がある。産まれてから数日経った卵は、傷つけずに剥くのは難しい。

新鮮な卵の白身のpHは比較的低く、酸性である。調理すると、白身は内膜に強くくっつく。しかし、卵が古くなるとpH値が上がり、内膜がくっつきにくくなる。より剥きやすくなるのだ。そこで、産卵後7~10日経過した卵を選ぶことが大切だと分かった。新鮮な卵は熟成するまで冷蔵庫で保存できる。

卵の剥き方と調理法が重要な理由

卵の凝固温度

茹で卵の解説
黄身と白身が異なる温度で調理されることを理解し、調理温度をコントロールする。

冷蔵庫に保存している卵を使う場合は、常温に戻した上で茹でましょう。

こうすることで、卵を均一な温度に保つことができ、安定して茹でることができます。次に、沸騰したお湯を準備します。(鍋は深すぎないものがベストです。卵がちゃんと沈むくらいの深さが理想的です。)

温度管理が重要です。卵を鍋に入れるときは、ゆっくり入れましょう。卵自体が鍋の温度を下げるため、できるだけ早くお湯の温度を、元に戻すこと(卵を入れる前の温度)が大切です。

入れるときの注意点としては、水がブクブク沸騰している状態で、卵を入れると割れたりすることもあるので、沸騰しすぎない程度の状態で、入れましょう。

卵を冷蔵庫で保存している場合は、調理前に取り出しておくと良い。安定した結果を出すためには、卵を同じような温度にしておきたい。次に、沸騰したお湯を用意する。(ゆで卵用の鍋は、あまり深くないものがいいだろう。卵が沈むくらいの深さだ)。

温度が重要だ。卵を鍋に入れるときは、静かに入れる。卵が茹で汁の温度を下げるので、できるだけ早く温度を戻したい。しかし、煮汁は沸騰させないようにする(卵が割れたり破裂したりする恐れがあるため)。

温度と時間のバランスを確認しながら、作りたい茹で卵に仕上げる

調理温度と時間をコントロールし、お好みの卵に仕上げる

ゆで卵をタレに1時間ほど漬け込むと、ラーメン屋で人気の漬け卵ができます。

卵をどのくらい茹でるかは、好みによります。例えば、ラーメン店で人気の漬け卵を作る場合、6~7分程度の加熱時間が適しています。

さらに、卵の黄身と白身はそれぞれで最適な温度があります。

黄身は65℃で、白身は80℃で茹でると良いでしょう。

理想的な茹で加減を得るには、温度(温度計を使って)と時間(タイマーを使って)をしっかり管理することがとても重要です。

卵をどれくらい茹でるは、好みの茹で加減によって異なる。ラーメン店の人気トッピングである漬け卵の場合、加熱時間は6~7分程度が望ましい。

また、黄身と白身は異なる温度で調理されることも理解しておく必要がある。黄身は65℃。白身は80度。望ましい結果を得るためには、温度(温度計を使用)と時間(タイマーを使用)をコントロールしたい。

茹で卵を一気に冷やして適切なゆで加減にする

なぜ茹でた直後の卵を冷やすのか?

なぜ調理した卵を冷やすのか?

卵を冷やして加熱を止める

加熱した卵を氷水につけると、卵の加熱をすぐに止めることができます。これを行わないと、卵は引き続き加熱され、白身と黄身のタンパク質が硬くなってしまいます。

さらに、氷水で卵を冷やすことで、殻が剥きやすくなります。卵を冷やすと、卵の内膜が収縮して殻から離れるため、内膜と卵殻の間に隙間ができ、剥きやすさが向上します。

加熱した卵を氷水につけると、卵の加熱が止まる。そうしないと、卵は加熱され続け、白身と黄身のタンパク質がさらに固まってしまう。

また、卵の皮が剥きやすくなる。卵を冷やすと、内膜が収縮して卵の殻から離れる。内膜と卵殻の間が広がり、卵が剥きやすくなる。

卵を美しくする小さな準備

茹で卵を綺麗に剥くための準備とは?

茹でる前に卵に穴を開ける

卵の準備(茹でるため)

卵に穴を開ける道具を使う

 

卵に穴を開けるほんの小さい作業ですが、これを行うのと、行わないとでは、茹でた後の剥きやすさに大きく関わってきます。

なぜ穴を開けるのかというと、卵の中には、端っこの方に「エアセル」という空間があります。

卵を茹でるとき、この空気は卵の気孔から逃げますが、すぐには固まりません。結果として卵の端は平らになります。

この大きな端(卵の長い方)に穴を開けると、茹でたときに、より丸みを帯びた形になります。ピン単体で一つ一つ穴を開けていく方法もありますが、卵に穴を開ける専用の道具もあります。

このような方法を行っていくことで、見た目も美味しい茹で卵を作ることができます。

美味しくて栄養価の高い茹で卵をより多くの人に楽しんでもらいたいと思います!(健康にも良いですしね!)

卵に穴を開けても大丈夫なのか?

「卵に小さな穴を開ける」というアイデアを聞いたとき、ふとこんな疑問は思い浮かびませんか?
そんなことしたら、卵の中身が漏れ出してしまわないのか?

実は、心配はありません。
たとえば、ジュースの缶に小さい穴を開けて、缶を逆さまにしても、ジュースがこぼれ落ちないのと同じ原理が卵にも適用されるからです。

また、卵のどちらの端に穴を開けてればよいかわからない場合があります。

そんなときでも心配はなく、卵の両端に穴を開けてしまえば、気体が膨張しても、中身が押し出されることはありません。

なぜなら、卵の中身より気体の方が穴から直接水中へ逃げる方が容易だからです。

このように、ちょっとしたコツと知識があれば、卵に穴を開ける作業は思ったよりも簡単なことがわかります。
この方法を試してみることで、料理の幅も広がり、新しい発見があるかもしれません。

卵の構造を理解した後、私達はダメージ率を向上させるための小さな準備作業の重要性に気づいた。

卵の大きな端には「エアセル」と呼ばれる空間がある。卵を調理する際、この空気は卵の気孔から逃げていくが、固まるまでには至らない。そのため、卵の端は平らになっている。

卵を焼く前にこの端(長い方)に穴を開けると、丸い端ができる。ピンで穴を開けることもできるが、簡単かつスピーディーに穴を開けることができる道具がある。

これらの方法をマスターし、応用すれば、美しいゆで卵を進呈して作ることができます。栄養価の高い美味しいゆで卵をもっと売り出したいという方も多いのではないでしょうか?

卵の殻剥き作業を自動化

6秒に一個、卵の殻を綺麗にたくさん剥く機械があるのを知っていましたか?

ゆで卵の殻を綺麗に剥くのは、案外手間がかかる作業です。

特にたくさんの茹で卵を一気に処理する場合は、なかなかの労力と時間がかかります

そんな手間をグッと減らしてくれる機械があります。

ゆで卵殻むき機ゴールデンエッグは、柔らかい半熟卵からしっかり固ゆでの卵まで、自動で殻を剥いてくれる機械です。その特徴は、コンパクトな卓上型という設計。

この世界初の小型設計により、限られたスペースでも楽々と使え、大量の卵を効率的に処理できます。卵料理や卵を使ったトッピングを含む料理の生産工程を大きく効率化することができます

無料で一週間お試しで使ってみませんか?

ゆで卵の殻を綺麗に剥くのは意外と難しい作業ですよね。特に多くのゆで卵を一度に処理する場合、この作業は時間と手間がかかるものとなります。しかし、そんな手間を大幅に減少させるマシンが存在するのをご存知でしょうか。

ゴールデンエッグは、とろとろの半熟卵から、しっかりと固ゆでした卵まで、自動で殻を剥いてくれる革命的な製品です。

特徴として、コンパクトな卓上型を採用している点が挙げられます。世界初のこの小型設計は、限られたスペースでも使用可能で、大量の卵を効率的に処理することができます。導入することで、卵料理や卵をトッピングとして使用する料理の生産工程を大幅に効率化することが可能です。

温泉卵レシピを無料プレゼント

大和製作所が独自開発した10種類の絶品半熟卵レシピを紹介!オリーブ牛温玉ぶっかけうどんからヨーグルトレモンまで多彩なメニューが盛り沢山!

半熟卵のレシピを無料プレゼント

大和製作所が独自に研究し、開発した25種類の半熟卵レシピを大公開!
おにぎりたまごやクリーム煮などの一品料理から、半熟卵のお団子スイーツレシピまで、多種多様な美味しいメニューが揃っています。
今すぐレシピをダウンロードして、半熟卵の魅力を存分に味わいましょう!

プレゼンター

藤井 薫(ロッキー藤井)

藤井 薫(ロッキー藤井)

株式会社大和製作所、株式会社讃匠 代表取締役。
令和5年 秋の叙勲にて「旭日単光章」受章。

1948年5月、香川県坂出市生まれ。国立高松工業高等専門学校機械工学科卒業。川崎重工株式会社に入社し、航空機事業部機体設計課に配属。その後、独立し、1975年に大和製作所を創業。

過去48年以上にわたり、麺ビジネスを一筋に研究し麺ビジネスの最前線で繁盛店を指導。麺専門店の繁盛法則について全国各地で公演を行う。小型製麺機はベストセラーとなり、業界トップシェアを誇る。
「麺店の影の指南役」「行列の仕掛け人」として「カンブリア宮殿」「ありえへん∞世界」「スーパーJチャンネル」等、人気TV番組に出演するほか、メディアにも多数取り上げられる。
また、2000年4月にうどん学校、2004年1月にラーメン学校とそば学校を開校し、校長に就任。

関連記事

新着記事