麺ビジネス成功支援会社

お客様の幸せで、幸せになる

大和製作所が目指すのは繁盛店を作ることであって、製麺機をたくさん売ることではありません。

これまで数千軒の店とお付き合いをし、毎年多くのお店のサポートをする中で「麺専門店の方々にも家族がいて、人生がかかっている」、まさにそれぞれの人生ドラマに遭遇することがよくあります。売らんかなの姿勢で川上指向に立つのではなく、川下に立つ店主の日々のご苦労や悩みをいかに解決し、手をさしのべられるのかを考え抜くことが大事だと考えています。店主の笑顔は私たちの喜びであり、明日へのエネルギー源になっています。

「そこまでやってくれるのか!」精神で、お客様に感動と感謝をしていただき、共に喜び、家族のように接するパートナーシップを理想の姿とし、お客様の問題解決会社でありたいと思っています。信用と信頼を築けるようプロ意識を持って、製品・サービスに研鑽を重ね、あなたの「麺ビジネス成功支援会社」としてお役に立ちたいと考えています。

ある日の営業エピソード

遠方のお客様より製麺機の買い替えのご相談を受け、訪問したときのこと…
そこには現在使用中の他社の製麺機があり、まだ正常に動作していました。結論としてその時は受注のチャンスにもかかわらず、その他社の製麺機が壊れて動かなくなるまで使い続けることをお勧めしました。上司は「それで良い。うちはね、ずっとそうして来たんだから。だからここまで来られたんだよ。そのお客様が買い替えのときは きっと大和で買ってくださるよ!」と褒め、報告を受けた社長もその判断を評価しました。
大和製作所では製麺機を売ることそのものよりも、まずお客様の幸せを考えるのが基本的な姿勢となっているのです。

世の変化についていくのではなく、変化を与えるために進化する

食に関して「これで完成」と言うゴールはありません。同じ物を何回か食べるうちにその味が当たり前になり、いずれは飽きてしまいます。そして必ず「より美味しいもの」を求める「欲」が出ます。地域でナンバーワンと言われる飲食店ですら努力を怠るといつの間にかライバル店に追いつかれ、追い越されてしまいます。食文化というものは常に進化を続ける宿命があります。私たちは柔軟な発想とあくなき研究で常に進化のための取り組みを続けています。

また世界に誇る日本の食文化である麺を広める使命のために、大和製作所はSNSなども活用し、韓国語、中国語、英語、ロシア語、ベトナム語、マレーシア語、オランダ語に堪能なスタッフを配して積極的に海外への情報発信や外国語でのサポートを行なっています。