代表メッセージ

message
藤井薫の想い

エンジニアを志した私の、麺の専門家への道

私はエンジニアを志し、子どもの頃より夢であった飛行機作りに取り組むために最初の勤務したのは川崎重工でした。
飛行機の設計、大型タンカーのエンジンルームの設計に携わる機械工学のエンジニアでした。
しかし昭和50年から、機械設計技師として独立開業しました。
当時設計業だけでは成り立たず、製造まで含めた仕事で何とか生計を立てていました。

たまたま当地がさぬきうどんの土地であることから、製麺機械の製造販売を始めましたが、最初は中々売れず、それからは不眠不休でうどん作りの原理原則の研究に没頭してきました。古来から伝承されている手打ち製法の良さを科学的な視点から解明し、製麺機に反映させる開発を続け、うどん、そば、ラーメンなど麺自体の品質研究で独自の麺作りノウハウを構築してきました。
その結果、麺の製造販売から直営うどん店の開業まで行うようになりました。

さらには、麺専門店の実情把握のため、全国津々浦々の麺行脚を続け、繁盛店のあるべき姿を実践で知ることが出来ました。
そのノウハウを活かし、コンサルタント部門を設けると共に、大和麺学校としてラーメン・うどん・そばの専門学校を開校し、多くの繁盛店を世に送り出してきました。

藤井薫の想い

当社に興味を持っていただいたあなたに、知ってもらいたいこと

ビジネスで成功するために一番大切な考え方は以下の通りです。

  • 素 直
  • プラス発想
  • 学び好き


私は社員にはよくこんな話をします、「麺専門店の方々も家族がいて、人生がかかっているんだよ!」と。
過去数千軒のお店とお付き合いをし、まさにそれぞれの人生ドラマに遭遇することがよくあります。
それを影から支え、店主の皆様の日々のご苦労や悩みを解決できるかどうかは、自分たちがいかにプロフェッショナルであるかがかかっています。

当社の一員として働く社員には、熱い情熱をもって取り組んでもらいたいと思っています。
仕事を通して多くのことを学びたい、遣り甲斐を持って向き合える仕事をしたい、何事にも前向きに取り組もうと積極的な想いをお持ちの方をお待ちしています。

麺の常識を変え、地域を支え、社会を笑顔にする。弊社は女性が輝く職場です。
女性の感性を積極的に取り入れることで日本のもの作りの現場はもっと素晴らしいものになります。男女が分け隔てなく働ける職場として、うどん店、ラーメン店は最適です。女性だって起業できます。
創業当初からラボ(研究室)を社内に有し、おいしさをサイエンスの立場から日々研究してきました。
なぜおいしいのかを科学的に検証することが日本の素晴らしい麺文化を世界に発信するために不可欠だからです。

おいしさをサイエンスの立場から説明できないと世界では戦えません。共に、世界で戦える人材を募集しています。
麺の常識を変え、地域を支え、社会を笑顔にする。
誰かの笑顔のために働けることほどの喜びはありません。

株式会社大和製作所 代表取締役 藤井薫

代表取締役 藤井薫 プロフィール

株式会社大和製作所、株式会社讃匠 代表取締役。
インターナショナル麺ソムリエ協会 理事長。

過去37年以上にわたり、麺ビジネスを一筋に研究し、麺専門店の繁盛法則について全国各地で公演を行う。

「麺店の影の指南役」「行列の仕掛け人」として「カンブリア宮殿」「ありえへん∞世界」「スーパーJチャンネル」等、TV/メディア出演多数。現在も、年間200店以上の麺専門店のプロデュース・指導を行っている。

1948年5月、香川県坂出市生まれ。
国立高松工業高等専門学校機械工学科卒業。
川崎重工株式会社に入社し、航空機事業部機体設計課に配属。
その後、独立し、1975年に大和製作所を創業。
現在は小型製麺機の業界トップシェアを誇る。

また、2000年4月にうどん学校、2004年1月にラーメン学校とそば学校を開校し、校長に就任。
自社でつくるさぬきうどんは、インターネットでも通販され、楽天グルメ大賞を10年受賞している。
2015年11月にインターナショナル麺ソムリエ協会を発足、理事長として活躍。

  • 早朝の執筆活動
    早朝の執筆活動
  • 瞑想
    瞑 想
  • 筋トレで健康な体作り
    筋トレで健康な体作り