製麺機販売から麺店の開業支援・経営まで完全サポートする大和製作所
YAMATO大和製作所 人生の成功ストーリー販売会社

海外進出

お問い合わせは無料通話 資料請求もこちら  携帯電話・PHS可 受付8:30~17:30(	日・祝除く)
お探しの資料が見つからない方へ クリック

ユーザーの声

茶房ひまわり 門真店 (サンローリー) 様【大阪府】 製麺機導入店

勢いあるうどん店 大和製作所の麺機、簡単で美味しい麺ができる


●うどん店の面白さ 製麺機の実験店舗が大成功

発端は、いろんな業態しているサンローリーとして、フードコート、ミスタードーナツなどをやっているが、外食にはいろいろなデータをもっていて、路面店のオープンがあるので、特徴のあるうどん屋さんにしたいと、いきなり機械を入れてどうなるかわからへんというところで、最初の実験店として、ひまわりで実験することになったのがきっかけです。大和製作所をHPで知り、和食でやっている部長が大阪営業所に1年くらい通い、やりとりをするようになった。
20年くらいやっていたお店を1年前に思い切り改造して変えて、改装するときは、機械を入れる予定がなかったけれど、実験として後から入れたこのお店で成功したら、新しいお店にも導入することに決まっていた。
うまくいったので、路面店にも機械を入れることができた。
成功したのは、大和製作所さんにたくさん聞いて教えてもらったことと熱心にやったことだと思う。麺にするのは簡単、安定させることがポイントなのがわかった。
聞いて、夏と冬の製麺の仕方が違う。なぜこうなるのかなど聞いていった。
水の軟水、硬水についても学び、大和製作所で調べてもらったら、軟水だったので、軟水器はいらなかった。サプライズ、46億年も使っていて茹で上がりが早くなり、もちもち感がかわってくる。他社の添加物を入れたら早くなるというものを入れて実験したら、美味しくなかったので、安心な素材で美味しいものができる大和製作所に相談してよかったと思う。本当に大和製作所のアドバイスと自分たちの努力で成功したと思う。

  ●売り上げが130%アップ その秘訣は・・・

 客単価は700円 カツ丼、ざるそばが夏に良く出る。冬は天ぷらうどんが売れ筋で、季節によって売れる商品が違う。
駐車場がないが、平日昼間はサラリーマンが多いため、麺大盛り無料などして、喜んでいただいている。蕎麦は仕入れていたのを自家製麺にして美味しくしかも安くなった。
サラリーマンの昼間はいかに安くおなかいっぱいになってもらうかという気持ちでやっていて、土日は家族連れで来ていただきたいので、楽しめるようなメニューを出している。平日は200人来てもらっていて順調に行っている。
改装する前と後で130%売上げがあがった。
自家製麺という意味では浸透してきていて、毎週通ってくれる人もいるため、うどんを売ろうというコンセプトでやっている。
様々な工夫をして、お客様が心地よくなることを熱心に行い、また会社の新業態で成功させるための実験も積極的に行っている。
国産小麦 伊勢の響 一本でやっているけれど 製麺はとても簡単ですよ。
自家製麺は、アイドルタイムを使って製麺するので、特に人件費も気にならない。
自家製麺と仕入れ麺 仕入れ麺の業者さんが来て、作ってくれたけれど、自家製麺が勝って新店舗は自家製麺になった。製麺はむずかしくない。国産小麦でむずかしくない。
他の店舗も見ているので、パートさんから、「加水上げていいですか?」というメールが入る。パートさんが、上達して店長不在でも製麺ができる。
意識の高いパートさんがいてくれるので、お店の運営にも力を発揮している。いろいろと気配りができて助かっています。
大和製作所は、常に機械がバージョンアップしているのがすごい。こだわりが大切だと思う。

  ●何でも相談できる影のサポーター 大和製作所


和歌山の店長が大和製作所の大阪のドリームスタジオに行っていて、オープンで何か少しでもおかしいことがあったらすぐに相談にのってもらったり、篠原さんにも来てもらったり、機械の件ではいろんな大和製作所の人が助けてくれた。
大和製作所はほんまに親身になって、こちらの無理難題にもできるだけ対応してくれる。
本当にありがたいと思っている。
自家製麺も最初は一人でやっていたけど、誰でも美味しい麺ができるので、お店を運営できる。会社のほうが驚いているよ。自家製麺に切り替えて、本気でやったのが勝因だと思う。
 
リッチメンを選んだ理由は、そばとうどん ラーメン業態もあるからリッチメンにした。
なれてきたら、もう一店舗でラーメンも出したいと思っている。
パートさんでも美味しい麺を出すことに会社のほうが驚いているそうです。
  
 
いただいた、おうどんとお蕎麦はとても美味しく、真剣な様子が伝わってきました。
とても積極的な能勢店長の活躍ぶりに、エネルギーをいただき、今後も頑張ってご活躍いただきたいと思います。
担当アドバイザー 篠原 和男 エリア 近畿地方
都道府県 大阪府 麺種 うどん
オープンタイプ 既存店 導入機械 ラーメン製麺機(リッチメン)
ページトップ