製麺機販売から麺店の開業支援・経営まで完全サポートする大和製作所
YAMATO大和製作所 人生の成功ストーリー販売会社

海外進出

お問い合わせは無料通話 資料請求もこちら  携帯電話・PHS可 受付8:30~17:30(	日・祝除く)
お探しの資料が見つからない方へ クリック

ユーザーの声

百饅馬力 様【滋賀県】 製麺機導入店

1番幸せを感じる瞬間

種子田さん「元々は電車の運転士だったのですが、20年前癌で父を亡くし、 健康について勉強し出したことがきっかけで、飲食店を経営するようになりました」
種子田さんはラーメン店「百饅馬力」のオーナー。
健康を追究した結果、独自の水の開発に成功し、それを使った身体にやさしい飲食店を営んでおられた。


●このままでは、井の中の蛙になってしまう・・・

種子田さん「大和との出会いは今から1年半前になるけど、 それまでは仕入れ麺を使ってたんですよね。
でも、去年小麦価格が高騰して自家製麺を考え始めて。
大和のDMを見て展示会に行ったのが、自家製麺導入のきっかけになりました。
展示会で講義があったから聞いてみたら、既存メーカーの麺の中身まで教えて貰いまして。
色々調べていくうちに、仕入れ麺の中に、入っていないことになっていた防腐剤が含まれていたと分かったときには、 ショックでしたね。
防腐剤が2%以上含まれると、発がん性が出てきますから・・・。
社長のセミナーは、聞いたことも無いような話ばかりでしたね。
自分は飲食店をやっていても、まだまだ知らないことがある・・・。
もっと色んな話がしたいと思いましたし、勉強しないで店にこもっていては、井の中の蛙になってしまうと痛感させられました」

しかし、種子田さんは展示会に行ってすぐ自家製麺に切り替えられたわけではない。
何度も何度も展示会場まで足をお運び下さり、十分にご検討になってから導入を決意された。


●麺を自分で作るのって、想像以上に、楽しいし、面白いものでした

種子田さん「自家製麺してる人の話とか聞くと、『湿度によっても製麺方法が変わる』なんて言ってて、 たいそうもったいぶってるなあって思ってたんです。
でも、何度か展示会に通う内に、これなら出来そうかな?っていう手ごたえを感じられたし、 麺だけじゃなく、ギョウザの皮が作れることも良いなと思って。
大和さんのフォローも良かったですしね。
実際自家製麺を導入し出したら、ホントにその日の湿度によって、ベストな加水率とか見えてくるんですよね(笑)
あ、今日湿気が多いなと思ったら、ちょっと麺がベタつきやすくなる。
加水したときのダマを見て水加減を調整して、それによって茹で時間も変えてます。
麺を自分で作るのって、想像以上に、楽しいし、面白いものでした」

種田さんは、自家製麺を導入なさってから、お店の経営状態が一変したと仰る。


●一変した経営状態

種子田さん「最初の頃と比べたら、7割くらいお客様が増えましたね。
他のラーメン店さんから、どんな経営をしているのか聞かれるようになったほど(笑)
周りの店はどこも不況で大変そうな中、ウチは今年の売上も、前年比約126%。
大和と付き合ってコロッと変わりました。
来る人来る人、麺がうまいと言ってくれるので、麺の美味しさが1番よくわかるざる中華が、 夏季限定商品から定番メニューになってしまいました。
冬でもよく出ます。
製麺機を買うとき、ミキサーは5㎏で十分だと思ってたんですが、 篠原さん(営業担当)に10㎏にしとけって勧められて。
結局そのアドバイスに従って本当に良かったです。
今では10㎏でも足りないくらいですから。
妻にも『あんたが今まで買った中で1番ええ買いもんやったな』と言って貰えました(笑)」

そんな種子田さんが、1番幸せを感じる瞬間とは・・・。


●1番幸せを感じる瞬間

種子田さん「私の妻は飲食の接客をする為に生まれてきたような人でして。
商品の美味しさはもちろんですが、いつもお客様に接客が良いと言って貰ってます。
本人には言わないけど、彼女には本当に助けられてますね。
サラリーマン時代は、何時何分の電車に乗らなきゃ行けない!って慌てて家を飛び出してたんですけど、 今は店に出る前、『ちょっとコーヒーのんでく?』って、ゆとりが持てるようになりました。
時計をはめない生活で、店に出る前のほんの数分、妻と一緒にコーヒーを飲んでいる時間。
それがすごく幸せですねぇ・・・」
しみじみとそう語られる種子田さんのお店には、ほんわか、そこはかとなく、 居心地の良い雰囲気が漂っていた。

店で出されるラーメンはすべて、無添加・無化調。女性とお年寄りのお客様も多い、 地域密着型の種田さんのお店は、半分以上がリピーターだそうだ。
地域に愛される、やさしいお店。
今後益々のご健勝をお祈りしたい。

この度はお忙しい中お時間を頂きまして、誠にありがとうございました!


ユーザーの利用している製麺機はこちら
担当アドバイザー 太田 まゆみ エリア 近畿地方
都道府県 滋賀県 麺種 ラーメン
オープンタイプ 新規開業 導入機械 ラーメン製麺機(リッチメン)
ページトップ