学校

information04

世界各国に4,515名卒業生を輩出、各麺学校講師として
麺のプロフェッショナルであり続ける

学校の仕事内容

  • 在庫管理・事前打ち合わせなど準備
  • 学校の講義・実技
    (製麺・だし・スープ・盛り付けなど)
  • 生徒さんの個別対応
  • 各エリアのミニ学校
  • 海外視察・海外学校

仕事のやりがいグラフ

  • 40%:学校での講義・実技での生徒さんとの関わり、共に成長できること
  • 30%:海外麺学校で世界に日本の麺文化を広げること
  • 10%:本学校になかなか来られない方を各エリアでのミニ学校でサポートできた
  • 10%:学校で解決できない悩みを個別対応で導ける
  • 10%:生徒さんの希望を聞くなど事前準備を行う

当社では、小型製麺機シェアNo.1に成るまでの間に「本当においしい麺ができるにはどうすれば良いのか」をとことん研究してきました。
その開発過程で得たノウハウを活かし、繁盛店を作る方法を「大和麺学校」として多くの方へ伝えています。
他校にはない、具体的に数値化された独自の「デジタルクッキング」が強みとなり、カンブリア宮殿などでも取り上げていただきました。
インストラクターとして、麺の製法・ダシの作り方・トッピング方法・綺麗な盛り付けの仕方など、麺料理に関する技術的な面はもちろんですが、麺店の店主様やオーナー様を繁盛店へ導くために、失敗しない為の店づくりに欠かせないマネジメント面に関してもフォローしていきます。
インストラクターとはいえ、最初は全くの未経験でも大丈夫です。研修もできる限り分かりやすく、丁寧に行い、しっかりしたマニュアルもご用意していますので安心してください。
生徒さんと共に成長し「人を育てる」やりがいを感じられます、自信を持ってスタートしていきましょう。

麺スクール部のある一日の流れ

9:00 ~ 朝礼・挨拶で一日をスタートします
9:10頃 ~ 朝礼後、昨日清掃した厨房や製麺エリアを含め業務エリアを改めてチェック、清掃します。
ラジオ体操を行い、朝から活発に動けるように体をほぐします。
9:35 ~ その日の内容に合わせた講義を行います。現在、麺学校の種類は

  • ラーメン学校
  • うどん学校
  • そば学校
の3種類を展開しています。
学校での講義の内容は多岐にわたり、麺やだし・スープの知識を化学的に分析して学ぶ座学や、製麺について、具材作り、だし・スープ作りなどの実技と、麺店経営における考え方、失敗しない開業についてなどの経営についてを、カリキュラムに合わせ講義していきます。
終了次第 厨房や製麺エリア等の清掃とそのチェックを行い、授業の内容で分からなことなど
個別に対応しながら問題解決を行って、生徒さんの繁盛店への道を応援しています。

大和を支えるスタッフ

現在の募集状況