農村料理の店 もくもく
三重

〒518-1392 三重県伊賀市西湯舟3609

麺の種類そば
既存店そば製麺機(坂東太郎)ユーザー

農村料理の店 もくもく

安心・安全・健康―完全自家製を目指す

3月の平日。広い駐車場が埋め尽くされる伊賀の里モクモク手づくりファーム。家族連れ中で賑わう農業、食、学びが一体化した総合農業ファーム。

その入り口前にその店はあります。昔ながらの木の造り。看板が無ければ大きな山小屋とも思えるような建物の前には、大きな木の看板に「伊賀生そば」の文字が。中に入ると目の前に広がるオープンキッチン。目の前には、周りを土で覆われた大きな茹で釜がどっしり構えています。忙しく作業する厨房スタッフが天ぷらを揚げ、そばを茹で、洗い、盛り付けていきます。

ほぼ全ての食材を自家生産

高い天井におそらく100席はあろうかという広い空間で、茹でたての10割そば、とんかつ、この牧場で作った食材から生まれるさまざまなメニューを堪能出来ます。野菜、肉、お茶、などほとんどの食材を一括生産するこの牧場に流れるテーマは、安全・安心・健康。これこそ究極の自家製と言えるのではないでしょうか?材料にこだわりたいとこだわり続けたもくもくファームさんが辿り着いた形です。そして味はというと、どれも本当に美味しい。更にすべてこの牧場で生産しているため、安心して食べられます。

安全・安心・健康のために-トコトン自家製にこだわる

「今度、食材がすべて有機野菜のレストランを始める計画なんです」と仰る運営部マネージャー西川さんは、「自家製にこだわってもこだわりきろうと思うと難しいですね」と続けます。「例えば、醤油を自分で作ってもその原料の大豆はどこのものか?という疑問が出てくる。もしその大豆が悪ければ意味がありませんからね」と、もくもくファーム様の原料へのこだわり、食の安全・健康への非常に強い情熱を感じました。

大人から子供まで誰もが楽しめるもくもくファーム

もくもくファームには、他にもいくつかレストラン、飲食店があり、ほぼ全ての原料をこの牧場で生産しています。足りないものは、近隣のおじさんおばさんに分けてもらう。また、一つ一つの飲食店がよく出来ており、芯に一本強いコンセプトが通っている感じがしました。恐らく、これから開業をお考えの皆様は、どのお店をみても参考になるのではないでしょうか?1年を通じてさまざまなイベントや教室も開催し、それぞれの季節で違う顔を見せ、大人から子供まで楽しめる場所です。自然、農業に触れ、楽しみ、勉強して、安全で美味しいものを食べられる場所です。必ず誰もが楽しく時間を過ごせるもくもくファーム。是非一度、お越しください。

農村料理の店 もくもく
三重

〒518-1392 三重県伊賀市西湯舟3609

麺の種類そば
既存店そば製麺機(坂東太郎)ユーザー