麺工房 笑門
神奈川

〒229-0036 神奈川県相模原市富士見6-13-19

麺の種類うどん
新規開業うどん製麺機(真打)ユーザーうどん学校卒業生

麺工房 笑門

「お客様の“美味しい”という笑顔を見続けたい」

​「お客様の美味しいという笑顔」を見たくて、2005年3月に脱サラし、同年10月に「本場讃岐うどん 麺工房 笑門(わらかど)」を開業いたしました。

飲食関係では全くの素人だった私が、大和製作所様の「うどん学校」への参加。「うどん学校(東京)」で理論と実技を学び、「亀城庵(香川)」では実践を学び、研修を経て開業致しました。店舗設計の段階では厨房レイアウトなどについても、ご丁寧な指導をいただき、当初の目標通り開業できたのも大和製作所様のご支援があってのことと感謝しております。

なぜ自分はやるのかという哲学、信念を持つこと

少し偉そうですが、なぜ、会社を辞めてまで、安定した収入をけってまで、それをやるのか。その答えをきちんと言えることが大切だと思います。独立するに当たって店のコンセプトや方向性を考えることなどは当たり前で、その前に、なぜ自分はやるのかという哲学、信念を持つことが必要だと思います。

お客様とのコミュニケーションを大切にしたい

麺工房 笑門は、2007年10月に2周年を迎えることができました。最近では新聞や雑誌、地域コミュニティ誌に掲載されたり、Webでの配信なども増えました。また開業までの経過を綴ったブログ「讃岐うどん屋 開業日記」、そして開業後のブログ「讃岐うどん屋 奮闘記」によってもお客様とのコミュニケーションを深めています。経営的にはまだまだの状態ですが、「お客様の美味しいという笑顔」を見続けるため、精一杯頑張っていきたいと思います。

麺工房 笑門
神奈川

〒229-0036 神奈川県相模原市富士見6-13-19

麺の種類うどん
新規開業うどん製麺機(真打)ユーザーうどん学校卒業生