最新麺業界情報

HOME > 最新麺業界情報

うどん・そば市場が過去最大の市場規模に

うどん・そば店市場規模推移

公益財団法人 食の安全・安心財団が発表した「平成25年外食産業市場規模推計について(平成26年6月)」によると、2012年より2014年にかけて、うどん・そば市場の規模が過去最高値まで増幅したということです。

外食産業全体がピーク時から落ち込む中、うどん・そば市場は過去最高の市場規模となっているのです。 平成25年の「そば・うどん店(立ち食いも含む)」は、対前年比7.1%増とますます飛躍をみせています。

資料を詳しく見ていくと、本業界は、一部の大手チェーン店などに寡占化されていない市場へと成長していることが分かりました。

つまり、個人事業主、中小企業が十分利益をもたらすことができるのです。うどん店・そば店にとって、大きなチャンスとなることが期待されます。

生産年齢人口の減少と世帯形態の変化

graph_population01

 


日本の生産年齢人口の減少が、経済に大きく影響

国内のさまざまな分野においての経済活動に一番大きい影響を及ぼしているのは、 国内市場が縮小したことが一番大きい原因だと推察される。 特に、生産年齢人口(15歳~64歳)の人口が19年前の1995年をピークにして (1995年の8726万人が、2014年現在では7780万人)既に12%程度減少していて、 これからもさらに減少が予想される恐ろしい時代に突入しているのだ。 生産年齢人口は、消費人口でもあり、この年齢人口が消費活動に一番大きい影響を与えるが、 ほとんどの人たちが気付いていない恐ろしい現実だ。 要するに、国内消費市場は1995年をピークにして、既に12%縮小していると理解した方が早い。

今までわれわれは、日本の総人口にだけに焦点を当てていて、 総人口はピークからほとんど減少していないが、肝心な生産年齢人口が大幅に減少していたのだ。 日本の外食全体の市場規模は、17年前の1997年をピークにして29兆円余りから、 現在の24兆円弱まで、右肩下がりで減少を続け生産年齢人口の減少とピッタリ合っている。

 


これからは「女性」と「シニア層」をターゲットに

従って、これからの日本全体の消費は減少し続けると理解することが重要で、景気の良かった時代は2度と来ないし、淡い期待を持たないことだ。そんな中で現在も唯一、人口が増えているのは65歳以上の人口だけで、日本は高齢者量産国になってしまっている。勿論、これからも当分増え続けていく。しかし、暗い面ばかりではなく、明るい面もあるのだ。それは女性の社会進出が年々増加し、今は世の中の消費の決定権の8割は女性が握っているので、女性をターゲットにすれば、ビジネスは面白くなってくる。従って、これからの最も可能性の高いの高い顧客ターゲットは女性とシニア世代ということになる。ただ女性とシニアをターゲットにするとしたら麺ビジネスも、お手軽嗜好ではなく、上質志向にしなければならない。

PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)
麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!

麺開業.comお知らせ

カテゴリ別

最新のお知らせ

過去のお知らせ

  • 動向や可能性が分かる 最新麺業界情報 なぜ今麺業界に可能性があるのか?最新情報をチェック!
月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
大和通信
  • 繁盛させるために経営者が理解すべきこと
  • メニューのご案内「旨辛出汁」
  • 小麦粉の製麺特性3大要素 など
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介