よくある質問

HOME > よくある質問 > スタッフ・人材


自分の思いを他の従業員に浸透させていくにはどうしたらいいのか?

まずは自分の熱い想い、使命を明確にする事です。これは出来るだけ高い志の方が成功し易いです。書いて、店内に貼り、朝礼で伝えるなど、明確にしていくとお店、会社の形が変わっていきます。

 

「これが自分の店の使命だ」「コンセプトだ」と、浸透するまで訴え続ける。例えば、私どもの会社では15年前に使命を明確にしました。「麺専門店繁盛支援会社」でした。それ以来、私どもの会社では365日メンテナンス対応で元旦から社員が出社しています。当社の麺機を使っているお客差は元旦から営業しているところも多々あります。そんな時もし機械にトラブルがあって、製造元に電話しても繋がらなかったらどうですか?一番忙しい土日に留守番電話だったらどうですか?当然、お客様は困ってしまいます。

 

反対に繋がらないかもしれないと思って元旦に電話してきても、繋がって直った時のお客様の気持ちはどうでしょうか。年間365日メンテナンスは当社の社員にとっては大きな痛みですが、お客様にとっては大きな快楽です。お客様の痛みと、会社とか、お店の痛みは反対の事が多い。それでもお客様の痛みを取る事を優先する。お客さまにもっともっと快楽を与えようとすると、従業員に痛みを感じてもらわないといけない。その時に、従業員にそれを納得してもらうにはどうしたらいいか?「うちの会社の使命は麺専門店繁盛支援会社だ。製麺機を作って売る会社ではないのだ。今はお客様の成功ストーリー販売会社だ」この考え方で自分達はやっていくのだ。この考え方についていけない人は自分の会社のスタッフではないと言う。

 

これを徹底的にやっていくとお客様は感動して本当に喜んでくださる。そのお客様の顔を見た従業員は、ああ良かった。これは正しいのだと自然と思えるようになってきます。この従業員の痛みは、目先の痛みです。例えば、今の年金。今からの時代、老後に年金が出ると思いますか、疑わしいでしょう。それなら、会社は年金がなくても良い環境の老後が遅れるようにしてあげなければいけない。

 

「目先はしんどいけれど、今後の事を考えると目先の痛みは犠牲にしよう」と、皆で力を合わせていかなければいけない。要するにその様な考えを理解してくれる従業員を選ぶ必要があります。誰でもいいから採るのではダメ。そういう考え方、要するに使命、価値観を理解してくれている人しか雇わないようにしなければいけない。もし、その様な人を間違って雇ってしまうと、早く船から降ろさなければいけない。要するに使命を浸透させる前に、浸透する人をそろえることです。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

どうしても身内などを雇う必要があったりして、その人と考え方が合わない場合どうしたらいいですか?

絶対にやってはいけません。厳しい事を言うようですが、そのような場合はビジネスをやったらダメです。

 

考え方が合わない人と一緒にやって、上手くいくはずがありません。ビジネスは遊びではありません。お客様に対して失礼です。プロとしてそれはあり得ません。

 

これを命がかかっているビジネスだと思えば、そんな中途半端な人を選ぶはずがあり得ません。どんなビジネスでも人で決まります。使命、価値観の合った人を雇い、人では絶対に妥協しないことです。

 


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

お客様の来店数に対して、従業員はどれくらいで想定すればいいですか?

これは様々な条件によって異なるので簡単には言えません。セルフでは人件費率が低いので、来客数に比べて従業員数は比較的少なくなります。

 

繁盛していればいるほど、お客様の数に対する従業員数は少なくなります。反対に実演自家製麺等で目の前で見せる場合、店内加工度高い店ほど人の数はそれなりに多くなります。値段の高い店、高級店の場合も接客レベルを上げる必要があるので、多くの人を配置する様になります。

 

基本的に、値段の高い店、オープンキッチンで目の前で、実演で見せる店、店内加工度が高い店の方が人を置いています。一般的なフルサービスの場合40席程度であれば、ピーク時は厨房4~5人、ホール2~3人は必要でしょう。18席のカウンターだけの場合で、ピーク時に厨房4名です。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

サービス力については、実際にどのように勉強・修練すれば良いのですか?

一番お勧めしたいのは、サービスレベル高い店の見学をスタッフ全員で行ない、簡単なことから真似ることです。この場合の「サービスレベルの高い店」は、うどん店とか麺専門店である必要は一切ありません。熱い居酒屋等も参考になります。

 

そして目標を決め、サービスレベルでは地域一番店を目指してみて下さい。目標を決めると必ず成果が出て来ます。

 

また、モニター客を作り、サービスレベルのチェックを常に行って貰い、スタッフ全員にフィードバックします。レベルが上がったことを常に褒めて、楽しくやることが重要です。サービスレベルが上がると、お客様の反応に変化があり、上がったことが良く判る様になります。サービスレベルを上げる事をゲーム感覚でやってみてください。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

お店に向いていない人の共通点はありますか?

多くの人を見てきましたが、お店に向いていない人の共通点は、礼儀正しくない、挨拶ができない等、人としての基本ができていないような人です。

 

次に、清潔感のない人、若さがない人、元気のない人、笑顔のない人、動きの緩慢な人等です。

 

逆に、向いている人は、明るく、元気で人としての魅力がある人、ひたむきに努力ができる人、接していて非常に心地の良い人という共通点があります。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

パートだけで売上をあげるような経営体質を作るには、どうすれば良いのでしょうか?

まずは、しっかりとした使命やコンセプトを作る事が重要です。そして、使命、価値観を共有出来る良い人材の確保がまず一番です。

 

社員であろうと、パートであろうと基本的に何も変わりません。同じ人間がそこに居るだけです。幾らパートであろうとも、何か不始末があった場合は、この人はパートだから許して下さいと、お客様には言えません。パートであろうとアルバイトであろうと、店内で仕事をして貰う限りはプロにしてから、働いて貰います。この時に重要な事はプロ意識を持って貰うことです。

それを浸透させ、目的を持ち、頑張れるような職場作りが必要になってきます。そして、日々の売上によって、毎日時給が変動する等、お客様が来れば来るほどパートさんに還元するような仕組みも必要です。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

従業員・アルバイトを教育するポイントは何かありますか?

採用がポイントです。採用してから教育して変えようとしても、なかなか難しいのが現実です。使命、価値観を共有してくれるような人材を募集していないと幾ら教育しても成果が上がりません。また、よほど余力がないと店内で十分な教育の時間がどの店も取れないはずです。

 

単純に「ホール要員募集」「厨房要員募集」という募集の仕方では、良い人はなかなか採用できません。

 

欲しい人の用件を、募集時に明確に表記することです。その為にも、まず店の使命・コンセプトを明確にする必要があるのです。使命やコンセプトが明確であれば、それに共感できないような人は、応募してこなくなりますので、お店の方向性と違った人を教育しようとするような、時間のロスもなくすことが可能です。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

開業前からスタッフを育成したいのですが・・・

スタッフの育成も全国のドリームスタジオで承っております

未経験の製麺を経験される方にも分かりやすくご説明し、貴店のスムーズな運営のためのお手伝いをします。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む

どんなスタッフを雇えばいいのかわかりません

まずは、しっかりとした理念やコンセプトを作る事が重要です。

そして使命、価値観を共有できる人材の確保がまず一番です。

 

売り上げによって時給があがったり、お客様が来れば来るほどパートさんに還元するような仕組みも重要です。

 

募集の方法や具体的なお悩みは、お問い合わせ頂ければ弊社がサポート、アドバイスを致します。

詳しくはお問い合わせ下さい。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
日々の校長ブログを読む





PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)

PICKUP MENU

初めての方向け

自分の課題に向き合う


大和製作所がお届けする、ラーメン・うどん・そば・パスタ、麺業界の最新ニュース・お役立ち情報をお届けするウェブ情報誌YAMATO通信 麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!
無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報

月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介