よくある質問

HOME > よくある質問 > 資金・経費・融資


うどん店でもフルサービス、セルフサービスと色々あると思うのですが、初期投資やレイアウトはどのようになりますか?

一般的にはセルフ店の方が初期投資は大きいです。郊外型であれば80席以上ないとなかなか難しいです。その上、郊外型の場合、席数に伴い駐車スペースの確保が必要になります。

 

都心であれば50席程度以上必要です。セルフの投資が大きくなる理由は、客単価が低く、昼食時間への集中度も高く、その為、多くの客席数が必要になる事と素人お客様が店内を熱いうどんを持って移動するので、危ない為、通路に余分なスペースが必要になります。その為、セルフの方が広い店舗が必要になります。

 

これは多くの新規開業者が誤解する点です。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
→資金・経費・融資についてはこちら(ラーメン店うどん店そば店

開業時、必要設備に投資する資金の割り振り額がわからないのでいくらかかるか不安です

事前の準備、情報収集不足が原因の可能性があります。

事業計画書の作成をお勧めします


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
→資金・経費・融資についてはこちら(ラーメン店うどん店そば店

日本政策金融公庫から融資を受ける場合、開業に十分な資本を借りられるか心配です

弊社を通して、政策金融公庫を紹介できます。

是非お問い合わせください。


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
→資金・経費・融資についてはこちら(ラーメン店うどん店そば店

開業にどれくらい資金が必要なのかわかりません

個人で開業の場合、平均は1,200万円程度ですが、条件によります。

まず店舗用の物件、建物があるか?というのが大きな要素となります。

 

ですが、まず念頭においておきたいのは、「成功・繁盛店」を決めるのは資金力ではないという事。あなたが描くお店の形によって、決まります。

 

弊社では資金計画をサポートいたします。お客様が開業しようとしている麺店の種類、地域、場所を弊社にご相談ください


経営ノウハウ講義で詳しく学ぶ
→資金・経費・融資についてはこちら(ラーメン店うどん店そば店





PAGE TOP

麺開業.com やりたい気持ちはあるのに、誰に相談して、何から始めていいのか分からない… 毎年200店以上をプロデュース安心してご相談ください!

お問い合わせ・資料請求
0120-45-1002 フリーダイヤル 8:30 ~ 17:30(日・祝を除く)

PICKUP MENU

初めての方向け

自分の課題に向き合う


大和製作所がお届けする、ラーメン・うどん・そば・パスタ、麺業界の最新ニュース・お役立ち情報をお届けするウェブ情報誌YAMATO通信 麺と経営の事なら 麺の学校校長ブログ 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 疑問・質問も受付中、校長がお答えします!! 大和麺学校放送局 学校の様子を動画配信!
無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報

月~金曜日大好評配信中!!メールマガジン 毎日1分で読める繁盛店への道
↓ メルマガ無料登録 ↓
電子メールアドレス(半角)
  • プロの経営者になる知識・知恵をたったの2日間で「経営ノウハウ講義」
  • 資金はどれくらい必要? お悩みから探す
  • 開業で失敗しない為の10ヶ条
  • 無料ガイドブック コンサルタントも教えない秘情報
  • 書籍のご紹介