製麺機販売から麺店の開業支援・経営まで完全サポートする大和製作所
YAMATO大和製作所 人生の成功ストーリー販売会社

商圏分析

お問い合わせは無料通話 資料請求もこちら  携帯電話・PHS可 受付8:30~17:30(	日・祝除く)
お探しの資料が見つからない方へ クリック

  • HOME
  • 新着情報
  • 【ガイアの夜明け】TV東京にて弊社が放送されました

新着情報

2016/06/21 お知らせ

【ガイアの夜明け】TV東京にて弊社が放送されました

テレビ東京 【ガイアの夜明け】にて弊社が放送されました
・・・・・テレビ東京 HPより ・・・・・          06月21日放送 第721回

「まずは皿洗いから」「技は教えない、目で見て盗め」...。これまでたたき上げで育てられてきた"新入り"職人。若手がプロになるまでには、相当な時間が必要だ。こんなやり方に嫌気が差したり、その時間が確保できなかったりして"修業"が必要な職業を避ける人も少なくないという。そうした概念を覆す、新たな"プロ育成方法"がいま、注目を集めている。ラーメン業界には、「1週間でラーメン店開業に必要なノウハウが身につく」という学校が登場。転職組や外国人の受講希望者が殺到し、入校まで2~3か月待ちの状態だ。一方、「こてを握るまでに5~10年必要」とされる左官職人の世界でも、新人を1か月で"プロ"の入り口に立つまで育て上げる企業が...。新人が専門的な知識や経験を短期で身につけることで、新たなビジネス展開が見えてくる----。その先駆けとなる企業の挑戦を取材した。
「1週間」でラーメン店が開けるようになる?異色の"学校"
長年、修業を重ねてようやく開業できる、というのが麺業界の常識。それを覆し、「1週間で開業のためのノウハウをすべて身につけることができる」という「麺学校」が登場した。運営するのは、香川県にある「大和製作所」。ラーメン、うどんなどの製麺機のメーカーだ。 麺学校の校長は「大和製作所」社長の藤井薫さん(68歳)。川崎重工で飛行機などを開発していた"技術屋"だ。その後、「札幌ラーメン」から「博多ラーメン」まで、1台で約30種類の麺を製造できるという製麺機を開発。今では小型製麺機のシェア40%と、日本でトップを誇る。1週間で"プロ"になる秘訣は、経験にも勘にも頼らない「デジタル・クッキング」。藤井さんは、様々な種類のラーメンのレシピを"数値化"し、0.1グラム単位で調味料などの調合を生徒に教えている。その通りにやれば誰でもおいしいラーメンが作れる、というのだ。それを基にした独自のラーメン作りも可能だ。今年2月には、シンガポールに「麺学校」を開校。ニッポンのラーメン店を開きたいという外国人に、5日間でノウハウが身につくよう教え始めた。アメリカやオーストラリア、マレーシア、インドネシアなど各地から生徒がやってきたが、果たしてわずか5日間で"プロ"として店を開業するまでに成長できるのか...。 
「技を見て盗む」はもう古い! 若手職人確保の新たな手法は...
建物の壁や床などを「こて」で塗り上げる、左官職人。最盛期にはおよそ30万人の職人がいたというが、現在は5万人にまで減っている。熟練の技が求められ、5~10年は修業しなければいけないが、最近は途中で辞めてしまう若手が多いという。業界全体がそうした課題を抱えるなか、若手左官がどんどんと育つ会社があった。東京・文京区の「原田左官工業所」。社員の平均年齢は30歳台で、10代、20代の職人の姿が目立つ。高齢化が進む業界のなかで、異色の存在だ。社内には、黙々と壁に「こて」を滑らせる若い職人たちの姿が。時折、パソコンの画面を覗き込み、自分の壁塗りフォームを確認する―。熟練職人の"お手本"映像を見て、それを真似て練習しているのだ。アスリートも取り入れている、「モデリング」とよばれる手法。新人が、1カ月でプロの入り口に立てるようになるという。取り入れたのは、3代目社長の原田宗亮さんだ。若者が定着しない原因は、「仕事は見て覚える」として新人を積極的に教えない業界の風習にある、と考えた原田さん。「モデリング」を導入したり、仕事にさまざまな工夫を凝らしたりして、若手がやる気になる仕掛けを用意した。そうして育った若手職人から今、意外なビジネスが生まれようとしていた―。 

今週の一曲

あの場面でかかっていたあの曲はなに?l
ガイアの夜明け音楽効果担当が今週のピックアップ曲を紹介します。
アーティスト
菊地成孔

曲名
戦闘開始用

アルバム
機動戦士ガンダム サンダーボルト

本編12分12秒。
ラーメンブームに湧くシンガポール。藤井さんはここに麺学校を開き、世界中から生徒を集めようとしている。

このシーンで使用している曲は「戦闘開始用」菊地成孔氏によるサウンドトラック「機動戦士ガンダム サンダーボルト」に収録されている。

ページトップ